スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弦楽アンサンブル・アルフ
見に来て下さった方 ご無沙汰しております

久々に書き込みをしようと思いましたら、ログイン出来ず、
こびとさんに手伝って頂き、可能になりました

さて、合奏部隊が、Vn教室のメンバースタートし、
外部の方もご一緒にの募集で、今年2月から、Vcの素敵なおばさまが加入して下さり
それをきっかけに、生徒さんお父様、お母様が学生オケ出身で
3月末の発表会にゲスト出演で、Vaをお願いし
晴れて、私の夢だった生徒さんとのアンサンブルでボランティア演奏をするが、
カルテット曲でさらにパワーアップしての体制になりました

4月に弦楽アンサンブルで改めて募集をし、Vaの若いお母様(地域オケ経験者)が入ってくださり
なんと、メンバーだけで弦楽アンサンブルが出来るようになりました

しかし、Vnアンサンブルはレパートリーたくさんありましたが、
カルテット曲は発表会で弾いた2曲のみ
そこから、明日のボランティア演奏のために曲を練習しました

私は夢だったVcを素敵なおば様と一緒に奏でます
しかし、1stVnが音量不足の部分は、Vnでお手伝い

なんと、明日の本番は
鈴鹿国際大学祭の絵画コンクールの表彰式での生のBGMと30分のアルフ演奏時間を頂きました

アイネク、おもちゃのシンフォニー、ヘンデルのブーレ、
ジブリ作品・君をのせて、崖の上のポニョ、となりのトトロ
を表彰式をする、学生食堂で14時~演奏させて頂きます

お近くの方で、ご興味がありましたら、是非覗いてみてください
がんばって演奏します
読んでくださって有難うございました

 こびとさん 有難うございました
スポンサーサイト
足も使って リズムわからない?を克服
ご無沙汰しております

とにもかくにも、生徒さんはご存知ですが、まぁ次から次へととしなのか…
体調不良に悩まされ&やらねばならない事に右往左往してたら、5月に


無事に発表会も終わりました
私的には、先生の立場での改善を迫られましたが、着々とこちらも進んでますので
次回発表会は、改善して、私的にも満足いく事になると意気込んでます

発表会を観にいらして下さった方、ご協力、ご支援くださった方、有難うございました

さて、最近、基本的なリズムに苦しんでいる方がチラホラ出始めましたので
改めて記載します

運動が苦手、しんどい
仕方の無い個性ですが、それではVnは思うように弾けません
運動が苦手でも、リズム感は、人の倍の努力は必要かもしれませんが、
基本的なことは身につけれます

そして、これから記載することは、教室で長年やって来て、結果を出しているので
やってみてほしいことです

体育会系ならではのエクササイズですけど、あらまぁ~となると思いますよ
しかし、継続は力なりですので、新たな譜面になったら、1からやることをお勧めします

足で楽譜のリズムを踏むは以前書きましたが
CD等お手本を聞きながら踏むは、何とか出来ても、
楽譜と一致出来てないままの方
もいらっしゃる為
もうひとつ前のも記載します

まず、練習する楽譜の拍子を確認
4/4で4分音符を1とした時に、
①半分の8分音符までのリズムなら 4分音符をタン=1 8分音符をタカ=タ1/2+カ1/2
16分音符が出てくる場合
 8分音符を1としてやります
 4分音符は2となりますので、ター=タ 8分音符+ ー 8分音符とする
 16分音符は2つ8分音符になるので、タカ=8分音符
     タカ(16分音符×4)で4分音符1つ計算

①②共に、短い音符を数えることが安易に出来る、タカと言えるような単位に変えましょう

1にする単位を決めたら、メトロノームを4/4の場合は4分音符がいくつで1になるか?
でセットします
ベルつきのメトロノーム等で、②のパターンなら2個でティンと鳴るように

さぁ。楽譜の前に立ち、メトロノームを鳴らして、ティンの音を右足か左足かを決めたら
足踏み開始
ティン・カ (右左or左右)床から10cm以上高く足を上げてその場で行進するつもり
キチンとリズム通り足踏み出来たら、いよいよ楽譜のリズム打ち

手は、拍手、鈴、タンバリン、カスタネット(手近にある扱いやすい打楽器等使用が望ましい)で
楽譜通りのリズムを叩きます
長い音符は、円を描くように拍分シッカリと音を止めないで伸ばします
弓で引っ張る時間を把握させる為です

休符があれば、休符分外の広げる
拍の頭は手を叩く楽器を叩くで閉じ、長さ分円を上に向かって描く方法
休符は円の終点の前拍で戻って来たのを、ぱっと横に開いて、休符の長さ分開いた場所で停止

②の場合の注意点、きちんとリズムが把握出来たら、拍子の1に戻して、細かくても
リズム通り出来るようにしましょう
4/4の1を8分にしてた方は、4分音符の4回に1回ティンと鳴らした状態で出来るようにするという事です

足踏みしながらのリズム打ちはかなり慣れないと難しい方もいらっしゃいますが、
楽譜を読む力、長さを読める力には必ずなります

ご存知の通り
音符は、長さと音の高さを同時に表記してます
ドレミは、場所を覚えてしまえばあっという間に読める様になりますが、
長さは頭でわかっても時間分引っ張るや、思った長さと実際に行っている長さが
ちぐはぐになっている方も多々います

自分でわかって、やってみて確認という作業かもしれませんが、わからないままで
先生に、リズム違う、と言われても、レッスンでどんなにリズムわかったつもりでも
復習や一人で出来るようにならないと、毎度、違うよ…の連続になります

難しい複雑なリズムは勢いで出来たりしてしまうケースも多いようですが、
単純なリズムほど、どうなっているか?を把握しないと出来ない、わかるようにならない様です

足踏みしながらのリズム打ちは、さり気に有酸素運動になります
生徒さんの課題譜が長くなればなるほど

足踏み&リズム打ちが出来るようになれば、楽器を持ってリズム練習の時も
1とする音符の長さにあわせたメトロノームでまず、刻みの練習
1とするリズムを体に馴染ませてから、弾いて行けば、待つ時間や、ぱっと弓返しの
タイミングとかが、わかるようになって来ます

わかってもすぐ出来るかは、訓練や苦手意識で人それぞれですが、
地道に頑張れば、結果は出ます

出来ないなら、やれば良いのです
諦めるのは、早いし、リズム音痴は直らないと明言される方もいらっしゃるようですが
訓練で身につけれるものと私はいつも思ってます

ただ、運動苦手な方は、トレーニングそのものが億劫、嫌…としないので、
出来ないと先生も生徒も決め付けてしまうようですね

移籍組みでもそういう方はいらっしゃいましたが、諦めないで宿題に出し続けて
結果は、わかるようになって来ました

ドレミお経(楽譜をリズム通りドレミで読むor歌う)も一緒です

サボると、忘れたり、わからなくなるので、確実に入るまでの数年はやり続ける

こつこつやれば、身につけれます

なんとかしたい!と思われる方は、是非試してください
楽器は違えども、音の高さが表現出来る楽器は、打楽器、鍵盤楽器、擦弦楽器、爪弾く楽器、
吹奏楽器、すべてに応用出来ると思います
しかし、邦楽器は自分がしないので、定かではありませんが、和太鼓は口伝えでリズムを覚え
そのまま和太鼓を演奏することはありましたので、一緒でしょう(多分。。。私は一緒でした)

メトロノーム使えましたよ、和太鼓でも ツケと大太鼓のパートは言葉が違ったな… 余談でした

では 良い楽器ライフを♪







梅雨ですね
おひさしぶりです。

大震災により、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます

湿度管理が大変な時期になりました。
そして、節電対策も必要になりました

それでも、楽器を演奏するにあたって、楽器のコンディションを大切に
しなければならないので、節電時間帯を外して練習する工夫も必要ですね

除湿機(洗濯物を乾かす用のでも)をかけている部屋で練習する。
皆さんがいらっしゃる所で、エアコンがかかっているなら、そこで練習する、
些細なことですが、ご家族にご協力頂いて、節電しつつも練習場を確保していって欲しいと願います


楽器ケース内の除湿対策も改めて、確認して欲しいです。

雨が降ったりしたら、弦が跳ね返っていたり、色々起こりますので、湿度管理は大切にして下さい

ずっと、書かない間にご訪問頂いた方、すみません

今年から、教室の体制を色々と、私一人で→教室生徒さんご家庭みんなで
と、発表会に向けて、改革していまして、
一人でやってたほうが楽だったと思うこともありますが、
今年システム化してしまえば、後は軌道に乗るはずですので、
あれやこれやとやっている間に、今年も半年経ってしまいそうです

ピアニストが変わり、酷くナーバスになったり。
引継ぎのピアニストはとっても良い方です
実力も申し分ないのです。

ただ、今までとまったく変わってしまう。
生徒が困惑するだろう。。。
仕方の無い事でも、ピアニストに失礼にならないように、
生徒たちを不安にさせないように。

上手に立ち回れる性格では無いため、大変でしたが

もう、本番まで2ヶ月切りました

幸いにも、生徒さんご家庭が、とても結束をもって動いてくださるようになっていて、
やっと、気持ち的に自分がしなければならない仕事に専念出来るようになりました。

さぁ、あと2ヶ月弱
新体制での発表会にGOです

どうか、この新体制での発表会にむけて、出演者、並びに出演ご家庭、
皆さんが全力で発表会に臨んで欲しいと願うばかりです

合奏もやっと力を入れれるようになって、
個人の発表会らしくなって来ました。

今回が無事に終える事が出来たら、生徒さん自身が、やりきった!という達成感を持って、
また、次回の発表会出演に希望を持って、歩んでいきやすいのだろうと思いますが。


今までよりも、事務的なことはなくなりましたが、それでも、仕事は増えた気がします。
一つ一つこなしていくのに精一杯ですが、きっと私自身も、無事に終えれたら
今まで頑張ってきて良かったと、ほっとするのかも知れませんね

発表会、出演する側も、送り出す側も、本当にいろんな意味で楽しみでもあり、
自分との闘いでもあるので、向き合って乗り切って欲しいと願います

後、2ヶ月しかない!という危機感の無い方
今まで数ヶ月既に練習している発表会曲の出来がどうなのか。
注意に対して、向き合ってちゃんと練習しているのか
毎週同じ事を数ヶ月言われている事にそろそろ気付いて欲しい方も居ます

それぞれに事情もあり、生活もありますが、発表会は
お客さんに聞いていただく場
だからこそ、だって出来ないんだもんでなく、聞いてくださる方が一人でも
会場に居てくださるのなら、その方に精一杯の心を届ける、今の全力の音楽性や技術で
ステージに立つ事をして欲しいですが

価値観だの、温度差だの色々言われる事も多く
「じゅあ、なんの為に私を選んでる?なんの為にステージに立つの?」
そろそろ、言いたいですね。

私自身は非常に喧嘩っぱやい人間なので、仕事上ではかなり我慢を溜め込んでます(汗
ただ、今年ピアニストに、「今回限りで」といわれてしまっては、本当に困るのです

探せば居るのかも知れませんが、基本的に私と音楽の考え方や、向かい方が、
理解出来る方とでないと、成り立たないんですよね

わかって貰えない事に、悩んでる今日この頃ですが、
全ての生徒さんに発表会曲練習をスタートしますので、
今年は、最初っから発表会モードで話しをしていく必要があるだろうなと感じてます

これも、今年だけになると良いのですが。

趣味でも、ステージに立つということ、お客様(聞いてくださる方、たとえ身内でも)が
いらっしゃるということを、真摯に受け止めて、発表会に向けて歩んで欲しいです

梅雨で体調崩しやすい
人も楽器も
私もダウンして、レッスン出来ない日があり、本当に申し訳ないことをしましたが


体調に気を配って、人も楽器も、健やかに過ごしたい、梅雨ですね

さぁ、新たな気持ちで、音楽ライフに向き合ってくださる方が増えるのを願って、
私は指導、生徒さんは練習、生徒さんご家庭は、練習する方への心遣い、
助け合っていけると良いと思います

読みに来てくださった方へにも、願いを込めて



 
装具のお話 (肩故障)
ちっとも、拍手コメントを見ておらず(汗
もう2年以上の前の「ちょっと光? 」の記事に頂いた
拍手コメントのお返事を、記載します

私が見つけて頂いた装具は、肩の習慣性脱臼の患者さんに使用するものです

P.O.SHOULDER SUPPORT LA
〈肩関節用サポーター〉
用途:肩関節の外転動作制限

と箱に記載されています。
医療用ですので、一般に購入できるものでは無いと思います

近いものは

ZAMST ショルダーラップ

一番固定の軽いものですが、稼動域もあまり制約が無いのですが、
肩の安定感、肩から身体を動かす変な癖はばっちりと制限されるので
体の使い方の修正もしてくれます
夏場のエアコンでの、関節の冷え(気付かないでひやしてしまっている)、冬場の芯から冷えてしまう
そういった、保温保護もしてくれます

これ以上の固定は、装具をつけたままでは、Vnは弾きづらいです。

医療用の装具を試す前に、他社の肩サポーターは色々試しました。
ZAMSTにお手を出すか考えていた時に、医療用のに出会い、購入してしようしたので、
自分が使っているものに、一番近いもの!ということで紹介します

一応、試着できるショップ(家のそばの)で試着して、かなり近い物であることを確認してます

もっと固定力が強い物が欲しい方は、整形の先生に相談されると良いと思いますが、
簡単に装具申請をして貰えない可能性は高いです。
肩専門医でないと、知らない可能性があるのと、Vn弾くために装具を…ってあんまりしてくれないのでは?

私は、職業であること。痛くても何でも弾きたい。
現状はかなり難しい。
安静の装具では、対症療法であっても、使いたい時には
負担は軽減されない。なんとか、動の中でも、フォローして
私の弾きたいを、助けてやれないだろうか?と
数年、痛い、動かない。でも、弾くんだ!という。我儘な患者のQOLに答えて下さった
主治医の先生の頑張りです。

習慣性脱臼用だから、出し難い。とは話されてましたが。
元々が、習慣性脱臼患者で、手術を重ねて来た事で、なんとか
悪いながらも、緩いながらも、習慣性脱臼に戻らずに済んでいる状態です

医師が装具を必要と判断したら、抱えてない症例でも、仮の病名で、処方できるようには
して下さるケースはありますが、それも、先生次第です
私は、なんとか楽に現状改善を考えてくださる主治医に出会いましたので、
裏技的なことで、試行錯誤しながら、医療用の装具を処方して頂いて、色々試して来ました
私は私で、アドバイス頂いた、スポーツ用(医療現場から生まれた)のサポーターを色々試して、
主治医と相談しながら、と2人3脚で来て、TOPで紹介した、装具に出会い、今はそれがBESTです

BESTでも、現在は、必要性に応じてスポーツ用のサポーターを重ねて使用時もあります
医療用装具の重ね使用で、安静固定をさらに強化したり。
色々です。


肩の故障も、故障状況でも装具は変わったりしますので、
あくまで、補助です。
その補助も、人それぞれで、合う合わないはあることも、頭に入れて、試そう!と
なったら、試してください。決して安いものではないのです。

9000円は、肩のサポーターはします(ZAMST)
合えば、なんて安い買い物なんだろう!ですが、思った効果を得れなければ、
ものすごい高い買い物ですよね(汗

紹介はしてますが、購入される方に合います!と責任は持てないですので、
その辺はご理解下さい

医師ですら、あなたに合うかわからない、安いものではないから、慎重に考えて!と
装具業者に発注をかけての装具処方時は、話されます

私は、藁をもつかむ気持ちでしたので、迷いもせず、その場で、お願いしてしまいました
私のことを考えて、見つけてくださった、試してみるしかわからないんだから、
試してみよう!と簡単に考えられてしまったので、
主治医が、どうする?と訊かれるのが不思議でしたが、
自分が、紹介する立場になって、なるほど。。。責任取れって言われても取れないよね(汗
とわかりましたが

肩関節周囲炎(40肩50肩も含む)にもこのZAMSTのサポーターは、使用すると
楽だと聞きました
(サポーターで補助できないかなぁ、なんかお勧めない?と訊かれて私がお勧めした方の使用感です)

お役にたてれば、幸いです

以前にも書いたと思うのですが
実話も交えて、弓の扱いについて書きます


レッスンの準備をして、小さい生徒が、松脂をせっせと丁寧に塗ってました
生徒:「わ~」
私:どうした?
生徒:「弓が~」半泣き
私:なにがどうなったって?と言いながら近寄りました

弓のヘッドの一番弱い、力がよくかかる部分で パッキリ 折れてました
直せる部分ではないので、家の空いているいる弓を、新しい弓が届くまで貸し出しで
レッスンをして、帰りました

私がどうして折れたかを検証
松脂を塗っていた時
弓を縦にして、弓先部分を丹念に
弓を持つ手は、反利き手でフロッグ付近をぎゅーっと握り締めて
利き手で松脂を弓に押し付け、弓もとのネジと弓先の向きが、
少しねじれて反っていた

弓の力がかかる向きに問題があると私は思いました

たかだか、松脂を塗る行為!と思われると思いますが
弓を使う向きで、松脂を塗ってください

正しい向きであれば、少々力をかけすぎても、耐えれるように出来てます
負担大の向きであったら、軽い力でも、折れてしまうのです

乱暴にしても、耐えれる向きだったから、折れずに済むこともあれば、
耐えれない無理のある向きであったら、大した力でなくても簡単に折れてしまうのです

「こんな簡単に折れてしまうものですか?」と生徒母

力の向きで、簡単に折れてしまう
休ませている間にケースの中で、折れてしまうことだってある
新しい、古い、安い、高い、全ての弓にいえる事
と、伝え
普段の弾き方や扱い方で、負担がかかっていれば、大事に扱っているつもりでも
やはり、折れてしまうのだと付け加えました


師事されている先生に、弓の向き、扱い等
注意がされる時は、時間をかけても、直すことをお勧めします

大事にしていても、壊れてしまう時は壊れてしまいます
ただ、壊れてしまう過程もあるのです
壊れる過程、要因はわかる時とわからない時はもちろんあります

購入後1~2年位で折れると、品質?と思われる方も多い様ですが
先ず、人を疑う前に、ご自分の扱いはどうだったか?を
振り返ってみて欲しいと思います
(安かろう悪かろうの物を選んでいれば弓そのものが弓の強度が無いこともありますが
ここでは、その話は除外です)

私は、松脂の塗り方について、弓を使う向きで塗りなさい!と指導してます
それをしなかった時点で、NGです
子供の力は、やさしく扱っているように見えても、私が松脂を塗る圧力から
考えると、はるかに強く力がかかっています
扱いなれていない、老若男女も力がかかりすぎていると見ていて思います

楽器、弓=相棒 が居なければ、演奏出来ません
壊れ物であることを、思い出して、改めて大事に、正しく
付き合っていって欲しいと願います

1~2年に1回は、弓が折れる、楽器を割る…そんな事故を教室内で見ます
一般的によくおきる事故例のみしか、遭遇しないですが

楽器を壊してしまって、扱いを学んでいくこともありますが、
出来れば、直せないほど壊す前に、扱い方を学んで、楽しんで欲しいと思います

どんなグレードの弓でも、扱い方を間違えば、壊れてしまうのです

弾き方が悪いと、簡単に弓がS字にゆがんだりするのも、
ご本人さんがS字にゆがませてしまっているだけです
ゆがみやすい弓もありますが、それを選んで使っている!ということも忘れず
向き合って欲しいと思います

私だって、弓のポテンシャル考えずに、自分のメインのような使い方をしたら
折ってしまった…ということをしてしまいました(過去に
それは、私自身の不注意でおきたこと
弓が悪い?なんて事はあり得ないのです
その時の使用者の問題 ということを 認識して欲しいと思います

形あるものは壊れる、だから、扱い方をきちんと学び、きちんとできるように!
他人(ショップ)のせいにする前に、ご自分を振り返ってください

生徒さんへ
私が試奏してお渡しした楽器は、万一があっても、生徒さんがわの問題です
ガンガン力もかけて、弓や楽器の様子を確認してます
容赦なく、生まれたての楽器であるのに、鳴りなさい!とされてますので
そこで、不具合が出れば、ショップに私がかけあいます
いままで、1度もなかったですが







Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。