FC2ブログ
肩当て

最近 気になったことの1つ


体に合っていれば、どの種類を使うとか関係ありません。




首が痛くなくて、かたがこらず、肩(鎖骨付近も含め)と顎当てで挟んで、


くっと普通なかんじ、それは客観的に綺麗に持てているか!という姿でしょうか?




体に少しでも負担を減らす。


まずは、初心者で多いのですが、エンドピンからかなり遠くで肩当てをつけて。


それもエンドピンを中心として、脚が左右平行でないということ。




まずは、肩が普通にたって下がらない状態で、肩当てをつけたVnを置いて、首は一度上を向いて


伸ばして、顎当てに向かって、顎を引くように挟む。(う~んパックンチョ)




それだけで、Vnがてこの原理で最低15分くらいはさんで、挟んだままお散歩しても大丈夫か!!が重要。


体が歪んで無理して持ってる方が多い。




日本人は、肩が狭い。胸板や肩の部分が薄い。


それを考えて、良くこの辺に先生がつけてる

と言う場所では、NG(まだVnの構えが綺麗でない、なれてない、左手で支えている方のみです)




まずは、挟むという非日常ですので、その部分が慣れに変わるのと、自分の体が言うことをきく


までは、少し、いえ大分エンドピン側で設定しましょう。


そのほうが、てこの原理が上手く使えますし、軽い力で出来ます。


ただ、デメリットは肩当てが外れやすいですが、


数ヶ月、左手を頼らず、正しい姿勢で構え、Vnを弾く行動が出来るようでしたら、少し、


位置を動かしてみて、様子を見ます。




時間をかけてゆっくりです


肩当てを自分にあわすのはとても重要。


服の厚さで感覚が変わると思います。


私は無くてもあっても別にこまらない。


体が勝手にフィットします。ですが、やはり体の負担は大ですので、肩当てをその時の体の感じに合わせますよ


ある程度Vnにつける位置が決まれば、服や体重にあわせて、脚の高さのみ(上下)調節で大丈夫でしょう




注意していただきたいのは、首が長く、華奢な体格の人種が日本人ですから、


肩当ての脚が高め、顎当ても高めに!となる方が多いのです、


決め付けはよくないのですが、くびがもげる?一寸前くらいの高さが実は、一番体に楽なのでは!


と、季節柄肩当ての高さを調整する機会が多くなり、分かってきました。




一度お試しください。


何処かの写真で、脚の設置位置が斜めになって、そして、遠かったです。


あれでは左手で気付かないで支えながら演奏してしまいます。


5年Vnを弾いていても、体はまだVnになれてませんよ。


多分10年継続で一区切りだと思います(特に成人されてからのお稽古となると)




子供で同じようにつけていて、しかも幼少から5年以上は最低Vn暦があるのに、


綺麗に構えられないでいらした生徒のと同じでした。




今直してますが、最初が肝心で、持って当たり前のようですよ


だから、残念ながら、へなちょこ演奏です。同じ先生師事兄弟で、兄は凄く惚れ惚れする


ほどの構えで、良い音をだし、弟は構えがなってない、というか何でもいい加減なので、


先が見えないというか、勿体無いと思う状況です。




肩当ても貸し出しして様子を見てますが。。。結局の所、どんなに正しい位置で持てる場所を


用意しても、本人が、これはしんどいからいや!となれば、直らない事も分かりました。




嫌なのと、体に負担が少ない持ち方は必ず一致するとは限りませんから


とにかく、鏡の中の自分は構えだけはプロみたいに美しい!!と時間が経っても、


弾いても!を目指して欲しいと思います。




肩当ての種類とかは楽器を傷つけなくて、挟むことが楽で演奏に集中できる!が


可能であれば、どれでもよいと思います。


その後で、音への追求が出たときに、考えてみたら楽しいですね♪




位置と高さを衣替えの季節は少なくともチェックしましょう♪



2007-05-31
スポンサーサイト



人の繋がり

見えないネット社会。


ブログを通して知り合ったり色々ありますよね。


そこで、本当に助けていただける友人に出会ったり。。。嬉しいことも沢山あります。




それは、自分にとって、よいか否かも大事ですが、どう受けとるか!ということではないかな?




例えば注意をしてもらって、「分かってるよ、うるせーこいつ」ととるか、「悔しいけど、そうだよ。でもがんばるさ!」


と。。。


ネガティブに ポジティブに そういう生き方をするかどうかなんですよね。




出来ないと思ったら、それで魔法がかかったように、自分を縛る。


出来ないくやし~、やったるぞ!と思って前を向ければ、やはり魔法がかかったように頑張る道が見えてくる。




悪いことを口走れば、悪い方に向かう。嘘でも、褒めて先のみちしるべを仮想でも作れば、光に変わることもある




先生という仕事をして、一番人間関係に苦しんでます。


でもね、人だから、間違いも、色々ある。お互いに。


腹がたっても、よっぽどの地雷が爆発しなければ大丈夫になりましたよ。


ある意味強くなったな!っと思います。




これを読んで、親友はきっと、いや違う。違うところで強くなったっと言ってそうですが・・・--;




相変わらず人付き合い苦手です。そして、人が怖いとさえ思うことも多々あります。


それでも、絶対に一人では生きれないのだから、先生だって、客商売ですしね!


それでも、自分のスタイルに共感できない方は、やめてもらって構わない。。。とさえ思えるようになりました




それこそ、生徒に選ぶ権利(人定め)があるように、先生にもある!と思えるようにもなったし、行使できるようにもなりました




誰と比べても仕方ないのよ。私は私だから。


一人の生徒に色んな教え方やアプローチがある。基本は優しくで接したいけど、そんなんじゃ動けない人も居る。


逆に、厳しい口調になっただけで固まる人も。


Mっ気があるんでしょうね。


苛め抜いた、もう、これだけ言ってもわからんなら、親身になってレッスンするもんか!くらいの勢いでレッスン終了しても、


次回は異常なくらい成長を遂げてくる生徒も居る。


本当に、自分が感じたその方のイメージをもちつつ、その方に合ったレッスンを心がけるようになった。




そして、自分がかわったこと。


それは、先生を演じることですね。


自分はしっかり出します。


自分に自信が無くて、言うことを言えなかったりして、結果、甘い汁のレッスンだったから、基礎つかなくて


戻ってもプライドで基礎をやらせても、必要性を感じていても、取り組む姿勢が無いのです


当たり前ですが、今までのお稽古に妥協しては基礎なんて付かない!と苦しんでこなかったから、


取り組めないんです。


本人はどれだけ出来てないかもわからず、こんなかんたんなのと馬鹿にしてレッスンに持ってくる。そして×と言われ・・・


結局スランプというか、当たり前の挫折でVn弾けるようになりたいのに、続く力意欲がわかないといって、休止・・・




そんな痛い経験もあり、いわゆる、教則本卒業した生徒を教えて、しかも結婚式が後三日なのに、弾けてないデュオ


の1レッスンでなんとかの飛び込みレッスンがありました。


受けて後悔するくらい・・・それでも、指導がみのって、かなり聞ける状態までレッスンで持っていき、何処を注意した練習がまだ必要かを伝えて、終了しましたが。


なんと、後日結果を聞き、ビックリしました。


そこで、あ~指導するのは向いているのかな?大丈夫なんだ!と思えるようになったら、


プチって音がしたように変われました。


レッスン中に少しずつプチプチ言ってはいたのですが。。。




そこから、威厳を持った先生には程遠いですが、先生を演じて、たとえ目上の方でも、いわねばならないことをいえる


人になろうと。今は、言葉だけの言い回しはやさしいですが、言っている内容は凄くきついですね!




同じ轍を踏まない様に。。


でもそう思うのも、人との繋がりがあったからこそだったりする。


苦しいし、悩める、冗談じゃないよ(怒)沢山あると思うけど、付き合い方も結局は分からないけど、


それでももがきながら、自分を探して、生きてくんだろうな~




最近色々、思うことが多くて。




注。先生は演じてますが、私は気持ち良く存在してます(爆)先生らしくないと生徒に言われる所以です。ハイ







2007-05-31
Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.