FC2ブログ
「譜面どおりだけど、何かが違う」

みなみ花音
さんのコメントから頂いて、少し、曲の解釈時のボーイング紹介をしてみます





舞曲 は踊る曲ですよね


言葉のイメージから楽しくステップを踏んで踊るイメージを持ちましょう。


そうすると、軽やかに端切れよい音を出していくと良いですね!


作者にもよりますが、弾んだ感じを表に出すのか、すっきりさを出すかは多少違う部分もありますが、


まずは、楽しそうに踊れるように歌ってみましょう!ドレミでもリズムでも。


まずは音楽を体に流して、譜読みが終わったら、歌えたとおりを目指していきます。





弾き方(技術面は)師事されてる先生に、”イメージはこんなんででも音が出せないので教えて”


と、大それたこと!ではなく、セッションしましょ!


そこから作り上げていくのは初心者でも中級者異常は絶対に必要です。


そこで怒られても、めげない!


余談ですが、私も音大時代、生徒が先生の言いなりにならない初めての生徒で


最初は凄く生意気で鬱陶しかったようですが、卒業時は、君とのレッスンは面白かった。


音楽に対して純粋に学ぼうとしてる姿と理解できたら、本当に僕も勉強になったし、今日はどんなことでセッションするのか!と自分も勉強したり、弾いたりしたりした!とおっしゃっていただけました。


N響のコンマス経験者で先生様的な教授が!


伝わるんですよ!だからめげずに、感じて先生に怖がらずにどんどん聞いていきましょう!そして伝えましょう


それが、先生の技を盗むし、自分の音楽性を伸ばすチャンスにもなりますよ





ロマンス


これは、作者によっては理解できん!この曲名もありますが、悲恋も含まれたりするので、


出来るだけしっとりと弾きます。


しっとり感を出すのは、実は弓を止める瞬間をほんの少しゆっくりと弓を動かす感じで止めて、


丁寧に弓を返して、頭をシッカリ突くのですが、乱暴にならないように丁寧に弾き始めるだけで、


超初心者でも、しっとり感が出ます。


ビブラートが使えるようになったら、長い音符と小節の頭、盛り上がりの最高音は必ずビブラートをかける。


音が上に行く所は自然にクレッシェンドで最高音が頂点に音が下降するときは自然にデクレッシェンドをかける


音に丸みのイメージものせるだけで、大分変わってきますよ!





バッハ


これは・・・ボーイングは歯切れよく。元気すぎず、軽すぎない。


音階のメロディアスをさを生かす。そのためには3度とかのアルペジオ(分散和音)を、徹底的にマスターして、


曲の中でも綺麗にオルゴールの様に響きを大事にして、正確さを出します。


一番大変なのはダウンとアップがびっこを弾かないで安定して弾けること。


スラーはスラーらしく重たくならずに弾く。これ、結構難しい。


この時代は、本当にメロディアスで大変です。ごまかしも効かない。


それでも、譜面通り弾けたら、色々お手本を此処でよく聞いて、息使いを覚えてください


本当に、弓を返す間や、移弦をきっちり弾く為に慌てない間とかあるんですよ。


音符で表現できない間


これを、ブレスとか息継ぎとも言うのですが、そこを大事に見つけ、オンタイムで突っ込まない間を


知り弾けるようになると、味が生まれます。


そこの間は実は個性がうんと出ます。やりすぎてその後の音を引っ張ると演歌になったり。。。


間の後も結構大事です。プロの演奏でも間の取り方や間のあとの弾き方で好き嫌いのある演奏評価が出るんですよ





仕上げの段階になったら、一音一音どういう音を出したら、自分のイメージの音になったり、曲として


弾けているかを確認しながら、こう弾いたら?と繰り返しして、自分のイメージと重ねていきましょう


ですので、録音して確認は必要な作業になるとは思います。


音の出し方を覚えていけば、録音に頼らなくても何とかなりますが、一応、確認のために聞くとよいですね!





ビブラートのかけ方も同じでは味も素っ気もありません。


これはまたかきますね!




2007-07-20
スポンサーサイト



Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.