FC2ブログ
ビブラート編 補足

読んでくださってる方有難うございます


勢いでそのままUPしていて、あまりに気になったときは修正してますが・・・


基本は、書きたいままに、考えたままでUPされてますので、


同じような文面があっても読み飛ばすと、意味合いが変わってくることもあるようです


私をよく知る友人曰く、話が前後しているから、読み飛ばされるとあ~勘違いで話伝わってるね!


って昨日教えてもらって・・


面倒ですが、一応読み飛ばし無しで読みきってください。




補足部分


ちりめんビブラート。


これって、やっては駄目ってことです。


聞き苦しいとか。それしか出来ないならビブラートかけないほうがマシ!という


意味合いだったのですが


すっかり、打ちながら次のことを考えていたので抜け落ちてました^^;




指板に平行に振れるで


小指と手首の真ん中方向でしょ?と話してくれた人がいます


正しいんです。ですがね


きちんと構えが出来ていることが条件なんです。


その話を持っていけるのは・・・




右足に体重かけて、リズムごとに膝曲げてスクワットの軽い版?のような動きをしたり・・・


左肩を下げて肩当てと楽器が合わないの・・・という姿勢の悪さに気付かないとか・・・




一寸きついこ書いてますけど、姿勢、構えの基本がきちんと身についてないと話せないこと、


伝えれないことも多いのです。




ビブラートをかけるときにネックが揺れるのも NG






半音下から の話ですが、


基本の出す音は記譜上の音。


ビブラートがかかると、半音下と記譜上の音が波となって出ます!という意味です。


半音下からかけるというのは、下からわざわざかけるのではありません


意図的にかけることはありますが常にそうしていなければならないということではありません。




ビブラートは、どこかが軸になってかけるという考えがあるとすれば、


押さえている指が指板にくっついて離れない~でそこを中心点と言うか、支点にして揺れるんですね


ある先生が、指が接着剤でくっついちゃった~をイメージして!と指導されてましたので。




ビブラートに関しては、今まで以上に伝えるのが難しいです。


音が欲しいから逆算してというか感覚で、その音を求めて出してるので、


こう?こう?って自問自答して解決してきてしまった


ニュアンスを言われてそれに近づけたり。。。


本当にこの辺は自分のセンスだったりするし、本来指導される部分なんでしょうけど、


一度も習ったことの無い部分・・




対生徒だと、体でこんな風!って説明できるけど、決まり文句「感で弾く、盗んで」です


ですので、文章に一応してはありますが、それを今度は体で実践してみて


分かったに持って行ってください。


それは。師事されてる先生から、盗む。世界的に素晴らしい基本も兼ね備えている演奏者の映像をよく見て盗む。そして、まねてみる。まねたのを客観視、客観聴して確認。という作業は必要だと思います




理想の高い低い関係なく、いつかどこかで、この作業全てをこなしているはずです。


私も現在もしてますよ♪


ビブラートに限らず、ボーイングとかね、手の小さい人はどうやって手を使って弾いてる?


あ、それ頂き!なんてね♪




ではでは、補足&蛇足&独り言も含む!でした






PS、プロでも基本がおいおい。。。と言う方もいらっしゃいます


生体力学的な持ち方をされてない方も(VN、弓)いらっしゃいますので、この人好きだからだけでなく、


沢山のソリスト、外国のプロオケの綺麗な演奏姿の方を、よ~く観察して欲しいな♪







2007-07-25
スポンサーサイト



Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.