FC2ブログ
教本のお手本CDと合わせて弾く
何故CD合わせをする必要があるの?<
まず、擦弦楽器は、こする圧力と時間で聞こえる音が変わります
(ご存知だと思いますが)

同じ♪の表記なのに、弾き方が変わりますよね!
そして、レッスンで録音を録っていても、懸命にレッスン時間で憶えるようと思っても
実際はなかなか、感覚で、体では出来ません

ある程度仕上がったら、お手本に合わる事で、
曲を弾く息使いや、独特の間を感じ取ってまねて行く事が必要になります

そして、そこでもう1つ忘れてはならないのは
「速くて合わせれません。あわせるとぐちゃぐちゃに」とよく聞きます

せめてお手本の速さで、音量の調節、移弦、音程、指が回ること、弓と指がばらばらにならないで弾ける事が重要なのです。

必ず、その時その時の曲の中に課題があり、その課題を最低CDの速さでこなせる技術と精神力を養う必要があります

教本によっては(特に鈴木)その曲を合格したら、そこで学んだ技術は見に付いた!という前提で、次に用意されている曲はもう次のステップになってます

そういった、単純に何故CDとあわせなくてはならないのかが、見えてきます。
これは、きっと、師事されている先生に耳だこ状態の方もいらっしゃると思います

では、私が何故CD合わせで卒業が必要だと感じているか!

上記で記載は割愛します
お手本がたとえ、演歌調であれ(本音です)、擦弦楽器ならではの独特の
演奏方法が多彩です。
(ピアノが弾ける方は、音が減衰してしまいますので、あんまりぴんと来ないと思いますが)

1つの音を出す時、アタックをかけてPP→fffまで持っていくことも出来ますよね!
PP→f→Pと1つの音を1弓で演奏したりすることも出来ます。

ボールが弾むように、頭を強く、スッと力を抜いてボ~ンとかポンとか、口で言うように表現をしていけます。

ある意味、無限に努力の賜物で出したい音の表現が出来てしまう楽器なのです。

いやらしい~色っぽい音を出すことも、しゃっきりした音も出せてしまいます。

ですので、たとえ演歌調のお手本であっても、
真似をして、模倣をして最終的には自分の力にします

勿論完璧なんて出来ません。
その時クリア出来る精一杯の表現をしてみてください

後日、振り返った時に、そこで踏ん張ってやろうとしたか、何も考えずにやらなかった・・・で、その先の音楽という木の枝別れする部分が変わってきます。
やった人は、出来なかったことが出来た自分に出会えたり、更に自分の思い描いた音を出せてきたりします

やらなかった人は、うっかりすれば、合格した時よりも滅茶苦茶下手にしか何度練習しても弾けない・・・

そして、ごまかしがきかないレベルになった時に、
努力してやった人と、やらなかった人で、全く違った演奏になります。

最悪は、やらなかった人は、挫折で断念という悲しい道が用意されてしまってる事も多々あります

そして、初期に真似をして、曲のイメージ力、個の音楽性を身につけていく、大事な弟1歩だとも私は思います。

結果は弓の技術なんですけど、技術を憶えるのではなく、
こう弾きたいから!この音が欲しい!で技術が結果付いて弾けた!が理想ではないでしょうか
私は、音楽性だけで音大への道を歩めた人です。
それは、自分の中に音楽が流れ、その音楽に忠実に弾く!という事を
CDあわせから始めて、基礎の訓練そっちのけ~(音大受験に必要な力は全く基礎に関しては無かった状態)から、死に物狂いで、受験に必要な基礎力を叩き込みました。

だからこそ、基礎は必要だよ~って実感してるんですけど、理論が後からくっついた今、基礎も最初から必要だし、音楽性も初期から出ないと付かないことも知ってます。

他所から移って来て、基礎も?音楽性皆無・・・
何人であったでしょう。そして、どんなに教えても、大曲になった状態でいらしたら、これ以上何を伝えても伝わらない・・・という結果が多いです。
基礎はじりじりでも底上げできますけど、音楽性はある意味基礎よりも時間をかけて育てていかないといけない重要な物かも知れません。

CD合わせは、先生が取り入れて無くっても、是非やって欲しいです
教本が終わり、ピース物の本をやってる方は、プロのCDと合わせて弾くようにします。

私も忘れてしまったコンチェルトも大雑把に譜読みしなおしたら、
CDかけっぱで弾きまくります。
詰まったところや逃げてしまった所は取り出して壊れたレコード練習して、またCDと!


必ず譜読みが終わって、メトロノームでCDの速さよりも少し速く
弾けるようになってから、CD合わせをしましょう
スポンサーサイト



Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.