FC2ブログ
使用済み弦 ガーナへ
ある掲示板で紹介されていたので、
みにょさんみにょの巡回日誌のブログで素敵な記事を読みまして、私も協力したいと思い、此方で紹介したいと思います


ガーナではVn属の弦が非常に高いので、入手が困難であるということです。
そして、湿度等も高いので新品弦は切れるまで、使用するということが書かれてました。
使用済み弦でも、とても感謝されるとのことです


私達は、弦の寿命を考えて、つぼが合わなくなって音程とるのが難しいと
交換をしますよね!
そして、そのように師事される先生も、教師の私も弦の交換を勧めます

弦が高い!と思われている方も沢山いらっしゃると思いますが、
物価の基準、収入に対する弦の金額が、あまりにも、ガーナとは違うようです・・・



発表会で全弦交換が生徒にもありますので、タイムリーな記事でした。
勿論、生徒の弦の処分は生徒に了解を得て、
ガーナへ弦を送る活動に協力しようと思います。

過去のアメブロのメッセで今、送付先と分数弦も良いかも、問い合わせてます。
発送先を、此方で紹介許可が出れば、送付先を改めためてお知らせします。

3月末までには、第1便を発送を予定してますので、私も!という方は、
←のちょびメールでお知らせください。

うちの教室分と合わせて発送させて頂きたいと思います。

もう数日早く知ってれば、燃やせないゴミに数セット行かなくて済んだのに。。。と
残念でなりません・・・


テレカ、スイカ、パスネット等の、使用済みの回収で、世界の恵まれない地域への
協力活動と一緒ですね!
先日、息子の学校でも協力回収がありました。

せっかく、Vnを弾いていて、弦を着れる前に交換した使用済み弦が活きる場があるのなら、
協力したいと、心から思ってます。

見に来てくださっていらっしゃる方、賛同して頂けるようでしたら、是非ご協力御願い致します。

定期的に今後も、活動に協力参加していきたいと思います


スポンサーサイト



嬉しい出来事♪

嬉しい出来事。
●それは、ずっと心にひっかかっていた生徒さんが復活してくれたこと。
発表会も出る!と張り切ってます

●自分が後悔して、二度としたくない!と思い続けて、その後にであった生徒に
『同じ轍は踏まない』は、実践できていたことがわかったこと。


復活した生徒は、鈴鹿で教え始めたばかりの時で、自分より目上の方を1から指導するのが初めて。
譲れない部分を強く言えなかったので、重なって、休止への道を作ってしまったのでは。。。と後悔してました

その後は、どんなに目上の方でも、譲れない所=指導者として
をきっぱりと言うようにしてきたし、絶対に生徒から反発があっても、
「Vn始めたときが0歳だからね!慌てないで!あいうえおを覚えた時の様に大事にして!」
と、言い続けてきました。


久々にあった生徒に、1巻から見直しの復習でレッスンを再開したのですが、
「昔も同じこと先生に言われました」と・・・
言えてなくて・・・と思っていたのですが、話してはいたようです
きっと、指導する自信の無さが、話す、言うで止まってしまって、
『伝える』が出来なかったのでしょう・・・



その方を初めて指導してから、沢山の年月が過ぎ去り、
幸いにも、その後かなりの人数を指導した経験で、
気になるところは、直ぐにとめて、「こう弾いて欲しい」
と、手伝ったり、一緒に弾いたりと、戸惑いもなくレッスンを終えました。



嬉しいだけではなく、今後も続けていこうと思います
そして、指導に対しての自信は、まだまだ無いですが、
試行錯誤しながらも。譲れない部分は、断固として
NO 直して と言える、伝えることの出来る指導者でありたいと思います



嬉しかったな~ さ~これからが正念場ですが。。。
休止してしまった場所に来た時、私も一緒に闘うぞ!
絶対に前に進んで欲しいですからね♪






Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.