スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腱鞘炎 (指
久々に、教本越えの生徒さんがレッスンに来た時の話です

弾いてる音で動いてるのを確認するという手の感覚の為・・・
耳で調整して、自分の中のタイムラグを調整しながら日々
Vnを弾くのですが

さすがに教本越えの生徒さんは、それでは追いつかない
という事で、リミッターカットを2段階しながら、結局お手本を弾きました^^;;


指が動かないので、自分の練習するモードに近づけて行く方法なんですが
痛みとの闘いにもなるので、リミッターカットはあまりしたくない。
でも、必要性があればするんですが


久々にリミッターカットしたら、1段階で、タッチがわからなかった状態で弾いてるのですが、
しびれて、タッチが少し感覚でわかるくらい

2段階目で、正座してあしがしびれて、びりびり最高潮の時の様な状態が
小指と薬指に起き。。。
お陰さまで、タッチの感覚は痛みでわかりましたが、酷く辛かった(涙


診察前日の出来事だったので、自業自得なんですが。。。
リミッターかけて今まで弾いてたようです。
カットしたら、上記の症状を伝えました

「肩が痛いから、他で無理してるね。立派な腱鞘炎!小指・・・」(苦笑


そんな出来事から、腱鞘炎は動かないだけでなく、痺れも伴うので、
Vnを弾いていて、指が疲れてしびれるのではなく、いきなり痺れて来たら
まずは休ませましょう。
そして、指を速く動かすのは、痺れがある時は避けたほうが良いようです。


私は気持ち良く、痺れと闘いながら弾いてしまいましたので。。。
腱鞘炎の所に痛み止めを打ってもらいましたが、まだおかしいですねぇ。。。


という事で、痺れたら無理しないで、ゆっくりと弾く練習に切り替えましょう。
練習しないと体が忘れたりしますから、折り合いをつけながら!ということなんですけど


数ヶ月も、お手本を弾いてあげれなかったのと、さすがに音楽表現をダイナミックな部分を
伝えるのには、さらっと弾くのでは、伝えられないので、仕方の無いことだったのですが


勿論、おかしなこと起きるだろうな!とは思ってしましたが、
なんだこの痺れと痛みは(ひえ~)状態でした
それでも、意外と痺れによる痛みだけで、肩本体が痛いとは感じなかったし、
いつもの腱鞘炎の部分はさほど痛くも無かったのです。。。


故障は故障を呼ぶので、セルフで拷問(私の様な)は、あんまりお勧めしません


ボチボチと、鍛えていくことが重要ですね♪
私はトレーニングをやっと再開許可出たばかりの時に、リミッターカットしたので、
セルフで拷問になってしまったのですが。。。


腱鞘炎は、痺れが顕著のようです(汗
皆様、お気をつけ下さいますように
スポンサーサイト
Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。