スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導方法で感じたこと
 先生によって、大分、指導方法が違うということを痛感しました

師事されてる先生が優先ですので(ご機嫌損ねたら大変なんで)
私は、生徒の為にも書いてたりしますので、
あくまで、こういう方法もある!というやり方や、イメージ、等の
参考の1つとして捉えてもらえばよいと思います

私が絶対でもないし、師事されてる先生が絶対でもないです。

何処で自分が良いと感じチョイスしていくかですね!

結果を出せてれば、文句を言う先生は居ないと信じたいのですが、
そうでもないようですので、先生との兼ね合いも考えて、
という事で読んでいただければと思います


師事されてる先生の悪口に聞こえてしまう内容も書かれてるかも知れません
悪口ではなくって、世界の一流奏者はどう?
弾きやすいのはどっち?という訳です


先生との相性。自分の性格。色々だと思います。
ご自分に合ったチョイスをして欲しいと思います。

実際、私が直さない生徒も居ます。
直すことのデメリットが大きいし、本人に必要性を感じない時期は、
移籍組みでも、手をつけないこともあります。

直すことによって、メリットが見出せたとき!が、
直す時期です。


私自身がそうでした。
カンパネラで出したい音が、出ない
直すしかなかった。
そんなことなんです。

初心者時代、中級者でも、必要性があると感じた時に、師事されてる先生の方法だと自分には無理。。となった時に、チョイスしていけばよいと思います。


アプローチ方法は沢山あるのですから。
これが、絶対なんてないですから。
体のパーツのサイズ違い、当然、使ってる楽器も違うんですからね!


ご自分に合った!チョイスをして欲しいと願います
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。