スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スラー

かなり、難しいようですね・・・


レッスンで、まいっている方がいらしたので!




まず、すらーは沢山種類があります 


 がかかっている間の音符を一弓(1ボウ)で弾きます。


の中の音符の長さを確認しましょう


その分の拍全部分を合計した長さを引っ張ります。それが、右手の動作





左手は、記載された音符分を長さも左手で調節するので、的確に指示された通りに弾きます。





文字で書くと簡単ですが、こと細やかに練習が大事です。


右手は左手につられて音符の長さで細かく止まっては×


左手は左手だけで必ず、タッチ練習をしてメトロノームと口で音符を言いながら楽々動かせるまで


左手特訓。


右手もメトロノームと口で音符を言いながらスラーがかかっている部分まで、全弓を使って、1ストロークで、


強弱や途切れもなしで弾けるように練習をする。





どちらも出来たら両手でせいの!





そんなことを繰り返しているうちに慣れてくると思いますよ!


慣れるまで諦めずに練習したら、あれ、なんで弾けなかったの?と不思議になってしまうでしょう





初心者だけでなく、ずっとすらーは大変ですから、詰まった時は、同じように練習すれば出来ますよ!


初級者も上級者も同じ練習をしますが、練習方法のレパートリーや集中力や克服方法の慣れの違いですかね




ゆっくり、慌てず!が大事です、何でも。馬鹿らしい練習をしたほうが、手っ取り早く、頭ではなく体が覚えますよ!


大人も子供もVn始めたときが0歳ですからね!



2007-03-24
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。