スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腱鞘炎
腱鞘炎。
これから書くのは、左手の肘から手までの部分に、起こる部分のお話です。

これは、私自身が体験している話です。

ただの、腱鞘炎だと誤解をしていました
何故、誤解だったのか・・・

腱鞘炎は、安静と時には固定、シップ等で治る程度のものと、
自分自身思ってました。
今回は長いな・・・参ったな・・と

練習量を減らしていたので、その付けだと勘違いしていたのです。
練習量少ないから、そりゃ、いきなり弾けば炎症も起こるよね!と思い込んでしまってました。


医師に「肩が痛くて辛い。腱鞘炎も酷いのです。動くようにしたい」と、伝えました

返答は
『肩は手先までの部分の動きや、支え等をつかさどっている部署。
その要の部分が故障をしていたら、指先さえ、動かなくなる。
動かないというよりも、痛みによって、自然に防衛反応として、無意識に動かなくさせてしまう』

それが、腱鞘炎と勘違いしてしまう、状態であったのだということです。


今回は、肩からの勘違いと中指の腱鞘炎も併発していたので、
余計に見過ごしたということでもありました


今までは、肩直撃で痛みが発生してました。
腱鞘炎という症状は、肩の痛みと一緒に出ていなかったのですが、
動かない・・・動かせなくなる=肩の痛い時に起こるという図式でした。

肩の痛みが伴わないで、腱鞘炎症状が出たものは、純粋に腱鞘炎だと思い込んでました

医師に聞いたこと
・純粋に腱鞘炎であることの方が、かなりの確率を占めています。
・肩の故障を抱えていて、まだ、肩の痛みを感じない前に、
黄色信号として、腱鞘炎症状が現れ、腱鞘炎と自覚症状が類似している為に、肩の故障であることを見過ごしてしまうこともあるという事実です。(患者側)


そして、指の関節の痛みで、見つかることもあります。
(私の併発も、中指の弟2関節が腫れ、痛みを伴ってます。)
体験だけで書いてますので、もっと色々あると思います


Vnを弾いていて、違和感を持ったら、早めに病院へいきましょう!と以前にも書きましたが、こういう体験から、腱鞘炎を通して、もう一度、お伝えしようと思います。

















スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ちさこさん
有難うございます
術後の経過に応じて、リハビリ(理学療法室でしたのではありませんが)をした、ものと同じようですね。
今でも続けてますよ。自分の腕を負荷として筋力(肩回り)維持トレーニングも。
記載して頂いたトレーニングはかなり効果はあるんです。
してなかったら、とっくに楽器なんて構えられませんね。サボったら、構えられてなくて、困ったことが現実に妊娠中にありました!
ついついやらなかったら、普段の生活にも気持ち良く支障もでて、しかも20代で・・・恐怖でしたね。
トレーニングを続けていたから、今これだけですんでいると思います。実際に、同じような年齢の女性と比べると、筋肉の付き方がシッカリしていること、骨も充分太く、痩せてきていないことも、医師より説明がありました。

無理は仕方ないことですが、何処まで無理していいかを、探らなくてはいけないな!とは思ってます。

わざわざ調べてくださって有難うございます。
凄く嬉しかったです!興味が出た方もきっといらっしゃると思いますよ!
上記記載の運動は、必ず効果があります。
リハビリで取り入れられていますので、医学の面からでもお墨付きです。
有難うございました♪
まりん | URL | 2007/10/09/Tue 08:00 [EDIT]
つばさくん
検査結果が滅茶苦茶怖いですね~^^;
しかも、以前の隠されていた、伝えられてない部分もあと少しで、以前のカルテが届きますので、そっちも合わせて発表ですから。。。
盲腸ときましたか。。。どうせなら、虫垂炎で言って欲しかったと突っ込みを!(笑
無理を承知で今まで来てますから、仕方ないことです、が、腱鞘炎は舐めてはいけない、ということが、そして、腱鞘炎になるまで練習してはいけないんですね、本当は・・・
そんなことも含めて、知って貰えたら、書いた意義があります。
病院嫌いは、私だけではないと思いますので!
整形外科はね、特に命に関わることでは無いから、軽視しがちですよね。(一般論
ですけど壊して、「もっと早く来ればここまでね。。。」なんてことも、多かったりするんですよね~私も含めですが。。。
大丈夫と胸を張っていいたいところですが、あんまし大丈夫では無いですね~先週のレッスンで、つばさくんは見てますからね・・・
嘘は言えませんが、悪いながら何とかなってますよ!心配させてごめんね!
まりん | URL | 2007/10/09/Tue 07:50 [EDIT]
バイオリン練習前体操
まりん先生、大丈夫ですか?
私は、腱鞘炎になるほど練習していないんで...
でも、いざなったら大変なんでしょうね、きっと。
もしかしたら、骨折より始末が悪いかもしれませんね。
ちょっと違うかもしれませんが、「四十肩・五十肩」対策として
下記の体操があるそうです。
コドマン体操 (急性期)
コノリー体操 (慢性期)
壁押し体操 (慢性期)
棒体操 (回復期)
アイロン体操
タオル体操
腕上げ体操

バイオリン練習前体操を考えた方が良いかもしれませんね。
(私のような初心者には。)
ちさこ | URL | 2007/10/07/Sun 07:03 [EDIT]
痛みが移動
先生大丈夫ですか??あんまり無理してはあかんと思います。
大学で習ったのですが、盲腸って、はじめミゾオチが痛くなって、徐々に右下に移っていくんだそうな。
それと似たものかも知れませんが、異常がある場所意外に痛みがでるって言うのは、困りますよね。
病院にいって検査するまではどこがどれくらい悪いのか全然分からないわけですから。
やっぱり、早めに病院に行くってのは、いいことやと思います。
つばさ | URL | 2007/10/07/Sun 00:21 [EDIT]

Track Back
TB*URL

-
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
2007/11/26/Mon 13:21
Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。