スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手の分離が出来るてるか?の確かめ方

分離が出来てるかの確かめる方法があったので、書きますね♪(前回ブログから)

の簡単な確かめ方です

すみません、文字で書いていきますので、想像力豊かにして、
イメージを掴んでくださいますように


①両手の掌をぺったりとあわせます(胸の前辺りで)

②手を合せたまま、両手の薬指を掌の内側に潜り込ませて行く
そのときの注意、多少掌は離れてもOK NGは小指と中指が離れてしまうこと

③小指を両手でパタパタとくっつけたり離したり
中指をパタパタ・・・

③は書き忘れで追加です(すみません
薬指は、構造上小指にも中指にも連結されていて、独立しての指ではない為に、
他の指の様にあっさりと、分離した動きが出来ないんだそうです
(NHKの番組でも、薬指の鍛えるマシーンがピアノブームの19世紀に
沢山発明されていたそうで、その紹介と現代で解明された体の構造について)


これは、涼しい顔でさっとやりました。(私
主治医はちょびっとぎこちなく。。。
看護師さんが。。。薬指すら曲げれない~(涙


大笑いしながら、その分離話をしてました。
他の診察室の看護師さんたちも診察が終わっていたのか、
興味津々で一緒にやってたらしく、あちこちで大笑い・・・


☆ピアノの分離といっしょ
平面にピアノを弾くように軽く手首を曲げて、指先だけ平面に触る


①人差し指だけ、中指だけ、薬指だけ、小指だけ、と
動かす指以外の4本は平面につけたまま


②今度は、指3本は平面に
小指&薬指でパタパタ(これかなりきつい方多いのでは?)
薬&中指、 中指&人差し指、 人差し指&親指 


③親、中、小指は平面に付けたまま
人差し指&薬指でパタパタ


弦楽器弾きは更に、上記のピアノのようにを、自分の右手をネック代わりにして
ネックを平面、指板と見立てて
この際の注意、Vn属のネックの構えに近い状態にするか、ギター持ちのようにとか
こぶしの部分から動かすのは一緒なんですが、使う筋肉が違いますので
弦楽器の分離はネックを見立てた手の形が必要です
訓練法は一緒なので、分離を目指すのも良いですよ♪
その際、以前も書いてますが、握りこぶしの関節(第3関節)から動かすんです
イメージはこぶしが、コンパスの中心になるように、そこを基点にし、力をかけ指を動かす!です


分離出来てなければ、地道な訓練で脳が覚えるから、
どんな年齢の人でも身に付けれるんだよ!
と主治医が話してましたよ


 「訓練なんかしてませんけどね・・・」
 『弾いてるだけで訓練でしょ。それだけの腱鞘炎抱えてるんだから・・・』
      ...
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ひっきーさん
お久しぶりです♪
ひっきさーさん、左利きですかぁ
ちょっと嬉しいです♪
私は基本は右にさせられてましたが、本来は左利きです。大きくなって勝手に戻しました(笑

>>地元の派閥みたいなのが、暗黙のうちにあるともききましたが、どうなんだろ
あるようですが、こちらはもともと私のテリトリーでは無いですので、派閥は全く違いますね~
奏法の違いもあるんですよね、派閥で。。。

関東では、あんまり無いですね~
卒業の学校で先生を選ぶことは普通にありますけど、相性を大事にされてるので、結局通えて相性の良い先生を選んで行くので、派閥を超えて先生を移る等は当たり前でした。私自身が、あっちこっちの派閥の先生に師事した結果になりましたので!

この辺の方は、名古屋か京都の音大です。
私自身が、此方でつながりが全く無いので、伴奏のピアノの先生を探すのも大変でした^^;主人の幼馴染の方にたまたま子供も同い年で、母親同士も同い年なんて共通点で、何年か口説いて、御願いしたなんてラッキーがあったので良かったですけど。

田舎ならではなのでしょうけど、あそこの書いてないおいおい。。。ということは沢山ありますよ~生徒ビュー話は。出来るだけ、話半分に聞くようにしては居ますが、自分の中ではNGだと思ったことは気をつけよう!とは心に残しておきます。
実際、レッスンを目にしたことがあるんですよ。噂の先生の。楽器店で物色してたらレッスンしてたので、窓から覗いたら。。。見ちゃいけないもの見た感じでした。生徒ビュー誇張しすぎたわけではなかったので、、

私自身も、Vnブログを読ませてもらって、早いな~そんなにみんな進むんだ・・・アンサンブルも簡単に組めちゃうくらい上達できるんだ。指導が良いの?生徒さんが凄いの?って悩んでしまうこともありますけど。
大事に大事に育って欲しいので、私は私のペースでよし!としようと思えるようになってきました。

先生が悩んで迷子になったら、生徒はどうすりゃいいんだ?が一番良くないですものね。
悩んでも、前進してればマシですけど、大抵動けなくなるから。。。
自分のペースをシッカリすれば、きっと答えは出るかな!と信じることにしました

へんてこな記事でしたが、少しお役にたてたなら良かったです
まりん | URL | 2008/06/13/Fri 10:30 [EDIT]
お久しぶりです!
私は、腕を組むとき上が左で、指は上が右です。ちなみに私は左利きです。おもしろいですね。
 他教室から変わってくる生徒さんの話し、考えさせられました(といっても、私の教室には、変わってくる生徒さんもいなければ、うつっていく生徒さんもほとんどいないかも、、転勤の人は別ですが、、地元の派閥みたいなのが、暗黙のうちにあるともききましたが、どうなんだろ!?)
 でも、こんな先生、未だにいるんですね~。びっくりです。最近、他のブロガーさんのレッスン日記を読んでいて、進みがはやいので、私ってしつこくやりすぎなのかも!?とか思っていたので、読んで元気をもらえました。ありがとうございます!
 
ひっきー | URL | 2008/06/11/Wed 13:31 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。