スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイズチェックをしましょう

意外と成長されていることに驚く春です。


わが子はたけのこ?とビックリするくらいに、春を待ってにょきにょきなんて事が(笑)


わが子もあまりにたった春休みの2週間で、制服がピンチ!


慌てて購入に走りました。




そんなことが、ありまして、生徒さんたちも観察。


あれれ?大きくなってるよ~お母さん!なんてお子さんがちらほら




もう少しで、サイズUpの気持ちの準備を!


この曲が終わったら、買い替えですね!


次の楽器のメンテナンスをそろそろ御願いします!




なんてことを話しています。




先生の立場として注意をしているつもりですが、楽器のサイズチェックはこまめに!


と言うのを改めて感じました。


皆さんのお子さんの先生はこまめにされてますか?


もしされてないようでしたら、せめて、学校の身体測定の時期はチェックをして貰いましょう!!




御願いし難いことだとは思いますが、急に言われても、このもの要りの時期に、


手が回らん!ということは普通です。


金額という面よりも、サイズUpによる最初の音取りの部分を「お耳先生」を


沢山していただく大変な時期ですので、時間と労力に対する心構えが大変ですよね!




やはり、金銭では語れないお母様たちの努力が必要なサイズUPですから。


お子さんは当たり前ですし、意外にあっさり慣れていくのですが、身に付いた物を


ある意味壊して、耳で新しい楽器に合わせていくです




大人の方


大人の方も、楽器を購入して、それぞれの楽器のサイズが同じフルサイズでもありますので、


楽器に対しての、耳で音を合わせて、その楽器に対する指の置く場所を見つけて、体得していく必要があります




ですので、あまり初期の段階は楽器を欲しいから!という理由で沢山所有すると、


肝心な1stの場所が身に付きにくいので、身に付くまでは少しお待ちくださると良いですね!


チャンスで所有だけして、少しだけ今の楽器に慣れるか、新しい楽器のほうをメインで割り切って練習して


身に付いたかな!という頃に戻して、と言うのも有りです。




中級者や昔子供の時代にサイズUP経験者は、あんまり苦労しないのですが、大人からの初心者は要注意で


いらした方がよいかな!と思います。



2007-04-12
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。