スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音符が読めない?
お久しぶりです

ふとしたことから 気になることがありましたので記載します

楽譜にドレミを書いてしまう。指番号をひたすら書いてしまう
そんな事をされてる方は、いらっしゃいませんか?

そういうことを初期からずっとされて来て
「読めない、先生が指導してくれない・・・」
確かに、指導されなかった先生もまずいな・・・・と個人的には思いますが、

読むことを本当に初期の頃指導されてなかったでしょうか?
ドレミを先生は言ってませんでしたか?もし、ドレミを言ってくださった時期があったなら、
『覚える気が無い』そう思ったから指導しなくなったかも知れないという推測が出来ませんか?

そして、もう1つ推測出来るのは、先生が読譜が簡単に出来るから、出来ない人の目線に立てなかった・・・と言うことかもしれません

私は、読譜できない人の苦しさを実際はわかりません。
気付いた時は読譜出来てましたから。
ただ、少し解るのは、VNはト音記号で読譜しますので、ピアノの2段楽譜、ヘ音記号は弱いです。
たまに、うっ となります。が落ち着けば読めます
なので、こんがらがってうひゃ~って気持ちは多少理解出来ます。

読譜できないなら、何故、読める為に何か無いかを探さないのでしょう。
沢山も読譜を簡単に出来る、音符カード等を使って、
楽譜と照らし合わせて、何度も何度も時間かかっても、
自分で、若しくは親子で取り組むことをしないんだろう。

指導者も勿論、そういったものを紹介する等、しなかったんだろう。。。とは思いますが。

指番号を読めないという理由で書きつづけて、読めない事実で今後はある?この先生じゃ駄目・・・と
思う前に、出来ることはあったはずです。

責めるのではなくて、もう少し、子供を思うなら、楽器店や書店に足を運んで、なんか無いかな?
とリサーチすることは可能だったと思います。

音楽に無知なんで。。。親はと仰るなら、何故無知のままで居ようとするのでしょう。
不思議な思いです。

最近は、ネットで読譜等検索すれば、みんなどう苦労してこんなの使ったら読めたよ!等
簡単に体験談で見つけることが出来る世の中です。

指導を本当にされてなかったのなら、同業者として、とても腹立たしいです。
読譜力は、日本語のあいうえおを覚えるのと変わりません。
ただ、音符は音の高さと、長さが両方1つで表記されるので、
九九を暗記でいうくらいの感じかも知れませんが、九九だって、誰もが訓練をして暗記していきますよね。
一生使うから。

音楽でも同じです。読めないことは恥ずかしいことではありません。
ですが、読めたら、世界が広がります。

のだめカンタービレの中で、ちゃんと楽譜は教えてくれてるよ。きちんと見てごらん。読んでごらん。
といった、内容がありましたが、本当に、そうなんです。

なんで、スラーがこんな所に。。。。スタッカートを入れるの?なんでアクセント。何でアウフタクト?

色々なドラマが隠れてるから、その記譜が生まれてるわけです。
勿論、普通に生徒をしていた時から、薄々知ってました。

指導をするようになって、なるほど~って事だらけですが、意味があります。
その意味を解読する為に、『あいうえお』を覚えたように、ドレミをまず読めることが大事です。

指番号も確かに大事ですが、ドレミが分かれば、階段上っていく音は、指を足していって、
4本の指がいっぱいになったら、右となりの弦にまた指を1つずつ足していく。
そういったことが簡単にわかるので、自然に指番号は覚えていけます。

足し算引き算がわからない2歳10ヶ月の子を教え始めた時、直ぐに音符カードを使い、
調整笛を使い、ピアノも、Vnの音も。全て音符カードであてっこして、遊びながら。
まず、開放弦の音と♪を一致させる。
その合間に、Vnの構えの勉強をする。そんな感じでスタートしました。

ひらがなも読めない。ラを5線紙にライオンの絵を書いて、点線でト音記号をなぞったり
らの場所を書いたり。それを調整笛で吹いてくる。
そんな宿題も出して来ました。
既にその子は6歳になりましたが、今でも、ピアノで音を出して、聴音もどきで、
音当てクイズ、ドレミで言う、楽譜でどれかを指差させる、Vnで弾かせる。そんな事を出来るようになってます。

気持ち良くドレミが解らなくなる時もあります。読める音から落ち着いて、簡単な楽譜でドレミお唱えて、今やっている譜面に戻り、ドレミをリズムをつけて唱えるドレミお経をします

それで、ぱっと戻ってきます。
そこのご家庭は、ドレミカードをきっともってらっしゃると思います。
お母様だってドレミ危なかったご家庭でしたから。
みんなで努力したんだと思います。

ドレミは書いちゃだめ。じゃコピーしてドレミを書いたので練習させておけば、なんとかなるなんて
やっていても私にはばれるので、きちんとだめ、と話をします。
たとえ、お子さんの前でも。

上手く相変わらずかけませんが、先生だけのせいではないんです。
読めないなら、読める方法を聞く、聞いても指導ないなら、何か出来ることは無いかを探して、
子供の(大人の方でも)力で、読める訓練をさせていくしかないんです。
フラッシュカード遊びで手伝うのもいいでしょう。
それでも、間違えても子供に読ませる、そして、合ってるかカードをひっくり返せば
自分で正否がわかりますよね!

小さい子なら余計に簡単に入ります。

努力の方向を間違えないで欲しいと思い書きました。
「私(親)が指番号書いたので練習して、レッスンで楽譜を置いてるだけ。」
見ずに弾いて、指番号と音符が一致しないのは当然です。

楽譜を見ようとすること。そして、解らないなら、音符カードをめくって、同じ音を見つけて、
自分でそれを調べる。
ただそれだけで、覚えれます。
時間がかかる時もあります。その時間かけた分、血や肉に変わるのではないでしょうか?

指導者だけをせめるのではなく、手助け方法を間違ったことを気付いていただけたらと思います。
そして、生徒さん本人さんも、読めるようになりたいと思えなかったことも、読譜力身に付く前に
ソコソコ弾けてしまう結果になってしまったということです。

弾ければいいじゃん!確かにね。。。
でも、最低限のお約束を知らずに弾ければいいじゃんは、やはり趣味でもありえないことだと思います。
どんなに音楽性や感覚の鋭い子でも、基本の部分が抜け落ちれば、自分だけ気持ちよい演奏で、
聞く側のことを考えない、自己中演奏、でたらめ演奏にしかならなくなります。

それで良いなら仕方ないですが。。。
そうでないなら、踏ん張って欲しいです。
ドレミなんて暗号解読ほど難しいものでは無いのですから

それは、私が読めるからでは無く、読めない生徒さんを沢山読めるように手伝って来た経験で書いてます。
大曲を弾いていながらドレミが解らない生徒も居ました。
何処まで読めていて、何処まで読めないかを探すことからスタート。
自分が育てた生徒でないんで、手探りです。
時間はかかりましたが、読めるようにちゃんとなりましたよ!

自分で音を見つけれるようになりました。
♪恐怖症なくらいの方でも、Vnは弾けるようになりたいと、習い始めてた生徒でも
読めるようになってます
常に、音階を弾かせてますし、ドレミお経を宿題に出します。
弾けてない時は、読めてるかを確認します。口が動かないなら、そりゃパニックになって、
音読めないよ!あっ、やってませんでした、。じゃ、今から言いいながら弾いてみよう。

そんなの私のレッスンでは普通です。
ドレミ言いながら足でリズムステップをするなんてのも当たり前にしてます。

私の教室の子はそうやって、苦しみも楽しみも一緒にして、覚えて行ってます。
もし、お悩みの方は、音符カードを利用したり、ドレミお経を一緒に手伝う。そのとき出来なくても、
決して怒らない、出来るまで繰り返す。出来たら褒める。
それだけです。

私の友人は、もっと凄いです。音符カードをお母様ご自身が用意し、音符の長さが解らなく
急になったお子さんに、積み木で音符長さ感覚を教えて、その後は、用意したもので、子供一人で
解らなかったら探す、確認する、と小さな子でも自分で読譜出来るように、そのこにあった道具を用意や手作りして、準備をした後は、子ども自身にやらせてました。
とても参考になったので、記載しておきます。

子供にどうしたら、手助けになるかを、なにか感じていただけたらと思います。
わが子には一切、私は音読みを教えたことはありません。
勝手に自分で覚えてましたよ。リズムも。
知りたければ、自分で知ろうとするのではないでしょうか?
ただ、その方法がわからない部分はそっと、親が力を貸してあげて、自分で覚える、
知るをするように導いて欲しいと願います。

指導者もそうであってほしいと願いいますが、一流生徒をされて来た方には、
理解できないことかもしれません。
ですが、目線を出来るだけ下げてさえあげれば、何かを見つけて上げれるのではないでしょうか?

先生を批判するのも結構です。私自身も何を言われてるやら。
でも、批判する前に、若しくはした後に、ご自分はどうだったかを振り返れると良いですね

きっと見えてくると思いますよ、明るい光が。

これは、私自身にも言い聞かせて書いてます。
指導慣れすると、目線をさげて行くことをおろそかになる可能性があります。
そんなの自分の指導方針では無いので。

今出来ることを、後悔したことがあるなら、間にあうことなら、1からでもくみ上げて、
血や肉に変えて欲しいと思います。

今やらないことは、やりたくないから。1年経っても5年経ってもやらないなんだそうです。
今やる、と始めたら、先はあるよ!ということでしょうか・・・

ここのところ考えたくないこと、逃げたいことが沢山ありました。
ずっと、なやんでばかりで。
VNなら簡単に光の当て方を変えて、色んな可能性を見つけることが出来るのに、
日常は出来ませんでした。
ずっと。ループにはまり込んで。
友人に助けてもらって、考える方向を見出せて来ました。
まだまだ足りませんが。
それでも、今考えなければ、動かなければ、未来が無いとわかっているのに動けなかった
ただ、苦しんでいた

そんな事があったので、余計に記事にしようと思いました。
文章が下手なので、上手く伝わったかは解りませんが、少しでも、読んでくださった方に
何かのきっかけや、心に留めてもらえるかけらになればうれしいです。

まりん
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ひっきーさん
大変お返事遅くなり申し訳ありませんでした、コメント有難うございます。
確かに何処まで把握出来ているかは、正直わからないですよね、だからこそ
真剣に見聞きしてレッスンに先生も取り組む必要があるし、目線を下げる必要性を素直に感じます。
体調不良でなかなかPCの部屋に上がって来れないので、と言うより降りれなくなるので・・・せっかくコメントいただいたのにすみません。
ホーマン使われてますか。あれもいいですよね。私自身はホーマン母のレッスンで音拾いを手伝った時に弾いたくらいですが、使って見たいとは思いますが、今のところあんまりにも基礎が。。。抜け落ちてしまうことを恐れて手を出してません。カイザー導入前には使たいな!とは思ってますが。
使いたいと思う成長段階の生徒が残念ながら、抜けてます。
それ以前か、もっと先か。。。間は?という生徒構成に今なってますので。
色んなチェックは欠かさないことが生徒のため=指導者の為と思ってます。
結局苦労するのはどちらもですよね。共に分かち合えればよいですが、私達指導者は通りこしてきたことだから、辛かったかもしれない当時は遠い昔でわすれてしまってると思ってます。優秀な生徒さんだった先生は何が?で終わりかもしれませんが、人並み(生徒さんと同じくらい)に苦しんで来た私は、指導しながら思い出すことも正直あります。
頑張ったね!と褒めるのも家の教室では当たり前かな。努力の過程を大事にしないと、結果は付いて来ないと思うので。あくまで持論ですよ。
色んな考え方も大事ですので、他の先生ががんばって取り組んでることは私には凄く栄養になります。やってみよう!と
何時も、有難うございます。ホーマン、やりたいんだけどね。。。早く誰か到達してくださいと願います。
まりん | URL | 2009/09/25/Fri 08:44 [EDIT]
ちさこ さん
物凄く返信遅くなり申し訳ありません
コメント有難うございます
「I can read me 」ですね。スペル合ってるか不安ですが
アレは、凄く力になります。しつこい訓練&音の羅列、嫌でも覚えてしまう優れもの。
我が教室では、殆どの方が問答無用状態で、やってます。それこそ5歳スタートの子でも36歳、42歳スタートの大人の方でも。20番くらいまで行ったら、鈴木教本。17番付近になったら新しい教本や篠崎と併用ですね。
生徒さんやお母様たちと相談して次の教本を決めますが、単純にリズムを弾けることも、全弦開放でやってもらいますし、なので、右ページが先にスタート。鳴らすことやリズムを感じれるようになったら、左手の頁をスタート。
50番終わる頃には鈴木1巻にのゴセックのパッセージが出てきますので、その曲に辿り着くまでに白本(家ではそう呼んでます)終了させます。
ポジション移動に入る頃に、もう一度1stポジション確認の為、数ページをまとめて復習宿題にして、再度入れなおします。帰巣本能みたいな感じでしょうか。
後は新しい教本かな1巻。あれも読譜力付きますよ。そして、お団子=重音恐怖症や移弦苦手意識を解消してくれる教本です。
それでも、本当に読む力が弱いなら、子供用の音符カードは持っていたほうがよいです。知らない言葉を辞書で引く感じで。
恥ずかしいのは読めないままで放置することだと思います。
読めるようにしたいなら、Vn年齢は2歳半です。と言うことは、子供用の音符カード恥ずかしくないと私は思いますが、どうでしょう。
白本は確かにお勧めですよ。アレをきちんと1回目クリアした人はポジション移動で帰ってくる1stポジションが迷子にならない傾向にありますよ!
私も指導で、更に力をつけてますね。ノンビブラートでひきますし、お手本ですから(笑)
やってみるが、一番です。誰にでも合う教本かは、解りませんが、あのしつこさは素敵ですね。覚えますよ。絶対
まりん | URL | 2009/09/25/Fri 08:27 [EDIT]
うちの教室では、初めて1、2年くらいたってある程度弾けるようになってから、ドレミとリズムは、ホーマンを自力で弾いてくる事でやっていますよ。まあ、その前に、解放弦の音と位置、音の長さは出てくる時に教えてもいますが,,。
私も、目線が下がってない事もあるので、わからない事は何でも聞くようにいつも言っています。、、、でも、みんな、どこまでほんとに理解できてるのかはっきりはわからないかも。
たまにはそういうチェックも必要ですね。
ひっきー | URL | 2009/09/18/Fri 10:50 [EDIT]
ズバリ、これ私のことです
バイオリン始めて2年半になりますが、いまだ譜読みは出来ません。
もちろん、出来ることにこしたことがないのはわかっているのですが...

まりん先生の「ご指摘」なら、しかたがありません。
気持ちを新たに譜読みの勉強を少しずつやっていこうと思います。
(ボケ対策には持ってこいかも!)

それで、譜読みの教材を探してみたのですが、いかにも子供用と思われる
カード式のものはあるようなのですが、大人用の入門(超初心者用)のものは
何かありますか?
一応、KMJさんも覗いてみたのですが、「I can read music?」(うる覚えですいません)というのが見つかりましたが。
本屋で立ち読みしたわけではないので、イマイチ内容がわかりません。
ちさこ | URL | 2009/09/15/Tue 21:44 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。