スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Vn 購入について

音譜楽器について




Vnwo習うから、とりあえず楽器を用意してから、


教室を捜すのはやめましょう汗




本当に困るんです


安かろう、悪かろうを、掴まされてしまう方もいらっしゃるのですよ!




稀にねキラキラとても、良い楽器を、ビックリするほどお買い得でゲット!


なんて、幸運クローバーなこともあるのですが。。。




とてもではないですが、楽器買い替えしてくださいガーン


話さなければならないこともあります。


かなり辛いですので、是非、先走らずに、まず、




教室、先生選びをして、見学して、話をして、それから、


相談して楽器を購入という 流れをとってくださるよいですね!




色んな指導スタイルがありますので、通えるところ、先生との相性


指導方針などなど、納得されてから、楽器のご用意がよいと思います。




ご親戚等で、お譲り頂いての場合は、その旨を先生の伝えることを(見学時に)


忘れないで下さいねビックリマーク




楽器を購入が条件である教室も多いです。


それも、これを買いなさい!とショック!




ですので、よく話をきいて、ご自分に利のある買い物になるかを、第六感で


判断されるとよいですね~




家は、一応、懇意にしてます楽器店がございます。


とても良心的で、物もよくって嬉しいお値段です




ですが、最終的には購入者(購入家庭の大蔵省)のご判断にお任せしてます。


納得いかない物を購入したら、皆さん結局飽きたり、頑張れなかったり、うっかりすると、買った分は


元取らなきゃ!ってそれだけでvn弾くことになったりしてしまうので・・・




あの、アー●ザン、ハ●シュタット、ステン●ーなどは、とてもじゃないですが、楽器として認められないくらい、


Vnの形をしてただけですので、購入対象からは外してください、


その楽器でレッスンにいらした方がいますが、基本の押さえが、目安の部分を押さえても、


弦ごとに場所がちがう・・・調弦しても直ぐ狂って意味なし!ドクロと言う事実がございましたので。。。


では、今回はこの辺で~






March 30, 2007
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。