スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きざみ の為に

弓下半分で16分音符でキラキラ星のEの様に安定して弾けますか?




喉元過ぎればなんとやらで、弓の元を使わなくなりがちです。


弓元は手首がおやまの天辺を意識して、腕ごと弦の上にかぶせるつもりで


綺麗に自然に動くかをもう一度確認してください。




肘を入れ込みすぎてたり、肘からUpしてしまい、指が伸びきり、そして手首も真っ直ぐ。。。


かなり陥りやすい所です。




鏡をみて、弦と弓は直角?とかズムーズに滑り台を滑れてる?とか


色々チェックをしていてください!




さてさて、では弓先側は如何でしょう・・・


こちらは、弓が弧を描きやすい・・・


特に、右手が固まってる方が多いので、此処で少し見直しを!


スーパーボール、卵等を軽く握り、↑↓の練習を。


そして、OKマークで握り、他の3本は軽くグーパーしてみて


ボーイングの動きと連携して、シャドーボーイングならぬ練習をしてみてください。


余裕があれば、更に弓に見立てて鉛筆も持つ。


ま~触るといった感じです。


そこでシャドーボーイング再開。


鉛筆の向きがあっちゃコッチャいってませんか?


人間的に腕の関節等うごいてますか?




鏡を必ず見て練習をしましょう。




何度も言います。


音出しだけが練習ではありません。


音を出す前に、もっと大事な動き!を体に入れたほうが、音が加わってジタバタしなくて済むからです!




卵は、卵料理覚悟で下に握り潰すor脱力が上手に出来て落とす。。。


等のフォローの為に料理用のボールを置いておくことをお勧めします。


さて、何個割るかな~多すぎたら、オムライス!ですね♪




今晩のメニューが決まった所で楽しく卵の練習をしてみて下さい




ボーイングがいたに付いた人も、再度チェックをお勧めします。


難曲になると何故か壊れるボーイング。。。。ですから





2007-05-06
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。