スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽器の破損のはなし

わが教室でも、おきましたがヒョンなことから楽器を怪我させてしまう方がちらほら




慣れてきたときにこそ、要注意。。。


楽器を持ち運ぶ時は、ケースがしまっているかは勿論、


保護の布等をきちんと入れてあるかも大事ですね!




そして、慣れで楽器を触るのは危険だと思いました。


私も、たまに、うわっ落とすーー;;;;


ってことあると、いかんいかんと反省してます




とにもかくにも、万一やってしまったら。。。。


落ち着いて、楽器の剥がれや駒、コンチュウのありかをチェック




もし、部品が飛んでいたら、必ず拾いましょう。


修理できる可能性もあるそうです、木片であっても。




大雑把な状況を把握したら、調弦。


そこで何も無ければ様子見でよいですが、なんかあったら、、、


工房さんへGOです。


出来るだけ早く工房さんに診察してもらいましょう。




そこで、どうするかは診断結果を聞いてになりますが、、


予算とか色々ね!




ま、壊さないのが一番ですが、万一の時は、凍りつきますが、少し落ち着いて、


観察とチェックをして、先生や工房さんに相談が宜しいですね!




私も、なぜかメインの弓のチップがかけた、、、


今度張替えの時に相談する為に、チップは拾ってあります、、、




皆様も、お気をつけ下さいね!


移動があるとどうしても楽器の安全が><




こわごわ持つのも危険ですが(楽器になれないの時)


慣れすぎも危険ですので、ヒヤッと来るくらいでとまると良いですね




本当に流れで楽器を扱ってしまうのは危険だと私自身も思うので、


そろそろ慣れ!過ぎてしまった方がいらしたら、少し慣れだけでなく




注意1秒 怪我一生


を思い出してください。


本日、車を運転していて標語を電光掲示板で見たときに、


これは大事じゃね!と思ったので!


交通安全だけの標語ではないな!と思います。ハイ



2007-05-15
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。