スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一寸嬉しいアドバイス!!

私的に嬉しいのですが!


音符の長さの件で、二分音符をぞうさん。4分は犬。リスが八分でやってみるのもありよ!と


ピアノで教えていただいた経験をお知らせ貰いました。




これは大変だ!!そうか~では、音符カードと動物カードを作ろう!!と




まだ作ってませんが、色々考えてます。


ただ難点。全音符は?とか色々と。。。


全音符はぞう。二分音符を、犬。4分をリスにとりあえずして。。。かな~とか


まだまだ考えなくてはならないですが。




それでも、少し明るいヒカリが!!これでも分からなかったら、ソルフェとかリトミックの専門の


先生に習いに行って貰って!となりますね!




リズムうちも怪しいとか色々細かい高いハードルはあるのですが。。。




音符の概念と長さの概念を分離して出来るようになって、音符の長さが体感できるようになるっぽいです




いつかは分かるようになることらしいですが、何処で納得というか、そういうもんなんだ!と思えるかかもしれませんが。




大人も子供も指導は一緒。言葉が違うとか、言葉や経験値が違うのはありますが、基本は一緒。


ただ、のらりくらりでも気が付けば身に付くのは子供。


大人は子供の10年を一年で無駄なく身につけていく感がありますね!




時間軸が違うので、一緒とはいえ、早めにこういうもので、将来バンバン必要だから、今から、それも簡単な


譜面面のうちにクリアしていこう!!と、頑張っては貰ってます。




譜読みの力や、感覚で覚える早さ、頭で覚える早さも、老若男女それぞれです。


子供だから早い!子もいますし、大人より厄介なくらい、体が覚えれない・・・という子も


大人だから頭でいける人もいれば、体育会系で体で覚えた方が早い!と。




私も、頭より体に叩き込む派ですので、体育会系の方の方が教えやすいです。


理詰めで指導が必要な方にはまだまだ、オイオイ!と指導に対して自分突込みをしますけど。




なんでも、経験ですね!


習う立場、指導する立場もどちらも。


それでも生徒さんに教えて貰うことも多いのですよ!


自分が忘れてた感覚。苦しかったこと。意外にあっさり出来てしまったことは、生徒さんが苦しんでいたら、


分からないではすまないので、必死で色々考えられることを考え取り組んで行く!


そこでひとつの経験値がもらえて、指導に役立つし、自分のまだ弾いて無い曲でも当てはまることがあったりと




悩んで苦しんでるのは生徒さんだけでなく、先生もなんですよ♪


一緒に亀の歩みでも成長できたら!とおもいますね♪




優秀な指導力のある先生or私は先生さま!と思ってる方は、苦しまないとは思いますが・・・




♪の感覚の動物利用はトライしたら又報告します。


ひっそりと苦しんでいる方のヒカリになると面白いですね♪



2007-05-24
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

引越し前のコメント
■私の場合

全音符:カメ
2分音符:ゾウ
4分音符:人
8分音符:リス

と習いましたよ♪

結城瑠奈 2007-05-25 00:17:27
| URL | 2007/08/02/Thu 18:11 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。