スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丁度、どこかでコメントしたのをきっかけで


そういえば書いてなかったな!と




さすがに、イライラの文章を書いたので、真面目に書きますね。




まずは、全弦の角度をもう一度確認する為に、鏡を見て(お一人練習)、どなたかにチェックしてもらいつつ、


綺麗に全弓を使えているかと滑り台をすべるかのように綺麗な角度で運弓が出来ているかを。確認しましょう。




それから、一番重音が分かり易いのは、A&Dです。


まずは、AオンリーDオンリー。


それから、此処は目でシッカリ確認して下さい。


まずは上からADめがけてシッカリ腕を下ろしてください。


ADに乗っかる。均等に!シッカリ弓の毛がしなるくらいのせてしまってください。


きちんと確認をしたら、もう見ない。


何故、見るかと言うと、移弦やどうしてもミスが多い所は必ず、確認は必要だからです。


慣れてしまえば見ないですが、目で確認。そして、体でも確認をしましょう。




さ。スタートです、角度を維持しながらゆっくりと。


そこでの注意。必ず重音の2本の弦の音量が同じであるようにすること。


途切れたら、すぐさまストップ。そのまま固まること。


鏡等でどうなってるかを客観的に必ず見ましょう。


止まった所からスタート。


もう一度、腕を乗せなおす。2本均等に重さが乗っているかを確認。


さ~もう一度スタート。


そんな繰り返しです。




曲などで重音が出てくるまで、きちんと身につけて欲しいことでもあります。


実際。曲で弾かなくてはならなくても、単音で弾いているつもり。


だって弾けないもん(またか・・・)は本当に多いです。




それでも、さ~重音もう一度見直そう!とゆっくり繰りかえししてますけど


心の中は煮えくり返ってますが、表情は真面目一本やり。


こうしてみ!う~ん気付きてる?聞いてる?少し音抜けてるの。出てないの。


そう、重箱のすみをつつくようにしてますが。


一瞬でも良い音でたら、頭ぐりぐりなでてしまう。


「やった~そう。今の音」って。




少しでも成長が見えたら、きつい指導になったら、べた褒めして脱出口を用意します




さてさて、余談でしたが、ADが出来たら、AEを。


また同じ方法。各弦を確認して。。。




さ~難関のDG。


此処で一寸した感覚を!


G線をD線のような角度で弾いてる方。


出きれば。Vnのボディーのウエスト部分を利用してください。


左側にくびれている側に先弓を落とし、元弓が上になるような角度をつけてみましょう。


そして、上に引き抜くように弾く。


そうすると、腕の重さがのせれなかった人は大抵乗るようになります。


そして、低音の振動に体も震えるくらい、楽器が鳴ります。




ではDGでの重音。


これはどちらかと言うと、引き抜く(真横より右上に)感じで弾くと、良いですね。


かなり、最初は戸惑うかも知れませんが、やって感じが慣れてくると、なんであんなに苦労した???て


なるくらい、弾きやすいし、音抜けしなくなります。




勿論これが絶対に正解な弾き方ではありませんが、手っ取り早いです。


先生によっては、先弓を落とすことを否!とされる方もいらっしゃるので、その場合は師事されている先生が勿論大事ですからね!




こんな方法があるんだ~くらいで思っていただいてTRYしてみると面白いかもです。


実際、この方法でやってもらってます。




白い教本の1巻のこぶた~の重音曲は、初期にやるのにはとっても楽しくって、重音って楽しいじゃん!


難しいけど弾けたらさいこ~なんて曲なんですけど。


ある程度、左手の押さえと、開放の重音がさまになってきたら、使用してない生徒さんにも、


コピーをして楽しんでもらったりします。


スラーは無視して、重音へのTRYと楽しみ!を重点において♪




苦しいばっかりで頑張れる生徒ばかりでは無いから、苦労した、頑張った。。。結果は


面白い曲が出来上がった!!と、頑張る、努力するプロセスと、結果がセットでもれなく付いてくる大事な曲だったりします。




かえるの歌の重音も楽しいですよ。


げげげげげげげげくわっくわっくわ~をそこだけ開放弦を足した重音にするだけでも、楽しいので♪。




ちょこっと重覚えたら、片方低音開放で高音のほうを指つけてと弾くだけでも、楽しいし、


実際コンチェルトを弾くようになったら、バリバリその難しいバージョンが出てくるので、


遊んで楽しんで!が余裕に出来るときから、先を見越した勉強ではあるのですが、


勉強と言うより、楽しんじゃおう!音楽ってこんな風に広がるんだ!って楽しんでTRYして欲しいですね♪




そんなことばかりしてるので、初心者から大変なんですね~Vnって言われてしまうのですが、


でも、面白かろ?と言っても、悔しいけど面白い!と返事が返ってきます。




重音が重なる音が楽しい!大変だど弾けたらきもちいい~ってなってくださることを祈って♪





2007-06-05
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。