スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
danse-macabre

何故、「死の舞踏」を使う?と疑問の思われている方は多いのかも知れませんので。




学生時代に、それこそロックやヘビメタの話をVnの先輩と熱く語ってた変わり者の私。


その中で。


「●はこれ聞いたことある?と●絶対はまるから」


半身半疑で、図書室に行き、先輩に貰った紙からCDリストを探し、借り手試聴(図書室外持ち出し禁止)




うわ~。楽しい~メッチャ好き~このパーカッションいいね~


Vnもおどろおどろしさを出しながら、踊ってるように聞こえる~いいって絶対♪(第一試聴の感想)




それから、きちんと曲解説などを読みながら、試聴時間ずっと聞いてました。




骸骨が墓から出てきて、宴始めるぜ~と声をかけたらVnを楽しそうに弾き踊り、


死者達も待ってました!と踊ったり、夜を死者たちのパーティーを皆が楽しんでいるようで。。


トランペットの鶏の声が聞こえるまで続く。


なんかね。ワクワクしちゃったのですよ。


それも、ベルリンフィルだったんで、パーカッションがマジに私のハートを撃ちぬきました。


そう、私はパーカッションがへたれの、楽団演奏は大嫌いなのです。




音が締まらないは、メリハリが弱い、舞台の場面展開が大道具仕事しろよ!


みたいな所は大嫌い。


特に、交響詩ですから、凄くキーマン!なパーカッション。


オケ曲の中でも、凄く気を遣う曲のひとつではないでしょうか。




それがね~もう。聞けば聞くほど、そうそう、この音いいよね~


この盛り上がり。。。




そう


後は私の音楽の世界へようこそになってしまうのでやめますが。


とにかく、ドラマチックな曲が好きだったのですが、この曲のドラマチックさに


恋焦がれてしまいました。




ただね、今ベルリンフィル録音に出会えないのです。何枚も持ってるのに。。。かなし~だから、大音量で聞いて


何とか心を騙してます。




あれ~説明にならなかったかもですが、こんなきっかけではまって、大好きな曲に1つに♪


熱く語った先輩と、いつかオケで弾きたいな~というつつ、弾けずに卒業してしまいましたが・・・




去年、オーストリアに行った生徒にオケ譜を買ってきていただいたので、CDと一緒にたまに弾いてたりしますが、


譜めくりに時間を割かれ、殆ど弾けない~(笑)


スキャナがあればVnだけ抜き出して譜面作れるんだけど。


いえ。アナログにコピー機でコピーして切った貼ったをすればよいんですが。。。


A3コピー機もあるのにね^^;自宅に




若い時と今とでは、この曲の好きな書かなかった部分ですが変わってはいますが。


その時代その時代でこの曲の聴き方も、感じ方も違う部分があります。


多分、ずっとこの曲は大好きな曲の1つで、自分にとって、精神的な部分の目安に


なるのかも知れません。




そんなことでdanse-macabreを使ってます。


かつて死の舞踏でこの人危ない?と思われてしまったことがあったのでした。


説明して曲聞かせたら、こら私が好きそうな曲だね!と


曲の説明よりも聞いたら、あっって言われました。


だよね~はまるんですよ。明確にこうしたい!こう弾きたい!と打ち出されてしまう曲なんですね~


そして、やりすぎても誰にも文句を言われないくらいの曲って滅多にないのでよん




興味のある方は、聞いてみてください。ゲーテの詩の曲だったかな・・



2007-06-09
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

引越し前に頂いたコメント
June 09, 2007
danse-macabreの投稿

danse-macabre
テーマ:ブログ
何故、「死の舞踏」を使う?と疑問の思われている方は多いのかも知れませんので。



学生時代に、それこそロックやヘビメタの話をVnの先輩と熱く語ってた変わり者の私。

その中で。

「●はこれ聞いたことある?と●絶対はまるから」

半身半疑で、図書室に行き、先輩に貰った紙からCDリストを探し、借り手試聴(図書室外持ち出し禁止)



うわ~。楽しい~メッチャ好き~このパーカッションいいね~

Vnもおどろおどろしさを出しながら、踊ってるように聞こえる~いいって絶対♪(第一試聴の感想)



それから、きちんと曲解説などを読みながら、試聴時間ずっと聞いてました。



骸骨が墓から出てきて、宴始めるぜ~と声をかけたらVnを楽しそうに弾き踊り、

死者達も待ってました!と踊ったり、夜を死者たちのパーティーを皆が楽しんでいるようで。。

トランペットの鶏の声が聞こえるまで続く。

なんかね。ワクワクしちゃったのですよ。

それも、ベルリンフィルだったんで、パーカッションがマジに私のハートを撃ちぬきました。

そう、私はパーカッションがへたれの、楽団演奏は大嫌いなのです。



音が締まらないは、メリハリが弱い、舞台の場面展開が大道具仕事しろよ!

みたいな所は大嫌い。

特に、交響詩ですから、凄くキーマン!なパーカッション。

オケ曲の中でも、凄く気を遣う曲のひとつではないでしょうか。



それがね~もう。聞けば聞くほど、そうそう、この音いいよね~

この盛り上がり。。。



そう

後は私の音楽の世界へようこそになってしまうのでやめますが。

とにかく、ドラマチックな曲が好きだったのですが、この曲のドラマチックさに

恋焦がれてしまいました。



ただね、今ベルリンフィル録音に出会えないのです。何枚も持ってるのに。。。かなし~だから、大音量で聞いて

何とか心を騙してます。



あれ~説明にならなかったかもですが、こんなきっかけではまって、大好きな曲に1つに♪

熱く語った先輩と、いつかオケで弾きたいな~というつつ、弾けずに卒業してしまいましたが・・・



去年、オーストリアに行った生徒にオケ譜を買ってきていただいたので、CDと一緒にたまに弾いてたりしますが、

譜めくりに時間を割かれ、殆ど弾けない~(笑)

スキャナがあればVnだけ抜き出して譜面作れるんだけど。

いえ。アナログにコピー機でコピーして切った貼ったをすればよいんですが。。。

A3コピー機もあるのにね^^;自宅に



若い時と今とでは、この曲の好きな書かなかった部分ですが変わってはいますが。

その時代その時代でこの曲の聴き方も、感じ方も違う部分があります。

多分、ずっとこの曲は大好きな曲の1つで、自分にとって、精神的な部分の目安に

なるのかも知れません。



そんなことでdanse-macabreを使ってます。

かつて死の舞踏でこの人危ない?と思われてしまったことがあったのでした。

説明して曲聞かせたら、こら私が好きそうな曲だね!と

曲の説明よりも聞いたら、あっって言われました。

だよね~はまるんですよ。明確にこうしたい!こう弾きたい!と打ち出されてしまう曲なんですね~

そして、やりすぎても誰にも文句を言われないくらいの曲って滅多にないのでよん



興味のある方は、聞いてみてください。ゲーテの詩の曲だったかな・・
記事URL | コメント(2) | | ペタを残す コメント
[コメント記入欄を表示]

■死の舞踏

こんにちは。
ご訪問&アドバイスありがとうございます!
オケ曲はあんまり知らない私ですが、一度だけ大昔にメータ指揮のイスラエルフィルのコンサートを聴いたことがあります。
その時のプログラムの「春の祭典」が、衝撃的でした。
きっと名演なのでしょう、キレがすごい!音が躍動している!・・非常に感動を覚えました。
シェラザードも良かったし・・
その2曲は、以後、殆んど聴くことがないのに、いまだに鮮烈に記憶に残っています。

ドラマティックな曲は好きなので「死の舞踏」もまた聴いてみたいです~♪


フルフル 2007-06-10 08:29:25 [コメント記入欄を表示]
■スタッカート

跳ね返りを利用です。
出きれば押さえつけでは無く、腕の重さをのせなおす!といった感じです。
押さえつけてしまうと、指とか手首でやってしまうので、運動性を失ってしまうのです、
あくまで弓が遊ぶように、コントロールしてやるだと、弾まないのです、まりつきと同じかもです。
けっして力とかごり押しはNGです
1つの方法と思っていただけるならまた遊びにいらして下さい。


danse-macabre 2007-06-10
| URL | 2007/08/02/Thu 18:23 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。