スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弓の使い方

どこかで恐ろしいコメントを見つけました。


そこで、一寸ここでも書いておきたいと思います。




皆さん、弦と弓は十字に交差をきちんと、先弓でも元弓でもされてますか?


先弓にロングの♪を弾く時に、手前に引っ張ると良いと記載を見つけました。




それは、どう手前?


正解はヘッド(指板側)が手前と判断なら◎


不正解は自分のボディー側が手前と判断なら×




でもね、手前というよいも、腕って伸ばすときに肘が中にはいて伸びますよね


肘が蝶番の様にして伸ばして生活を普通にはしないですよね^^;




生体力学的なものの発想をして下さい。


弓をダウンで引っぱる時に、腕ごと肘ごと弓を動かすことはNGです。


腕は、弓がまっすぐ動く為にその動きをコントロールするのではなく、動きたいように


動かさせてあげてどこかに行かないように一寸支えてあげる感じです。


言葉では表現するの難しいのですが、腕の重さを伝えながら重力に逆らわずに、でも


重力に従い過ぎたら他の弦がなってしまうのでそういうところを、滑り台をイメージして滑るように、


手首はエレベーターをイメージすれば、弓が肘の蝶番の動きは出来ないはずなんです。


それは、腕ごとただ弓を引っ張るとしか考えてないので、既に初動動作から間違ってます。


後ろに腕ごと下げて引っ張る動きになってます。




オケでも多い動きなんですけどね(アマチュアですが)


正しく動かせるこつさえ掴んでしまえば、本当に苦労しないで色々な音色を作っていけます。


色んな技にもトライできます。これは苦労はすると思いますが。どうせ出来ないや!と諦めずにトライできます。


いつか出来るさ!と


ですので、当たり前に弓を真っ直ぐ引っ張る練習は鏡に映して、そして手首が落ちすぎないでエレベーターになってるか


腕と弓は滑り台を気持ち良くゆっくりと滑っているか!肘が上下で動く際に後ろに動いてないか!ラインが壊れてないか




あと落とし穴。フロッグをきちんと中指薬指で触って重さを抱えているか!


親指はきちんとバネと弓の毛の向きを調整できるように曲がっているか!


人差し指はきちんと巻きついているか!


このチェックも重要です




お子さんはフロッグを支えてるのは難しいですが、それ以外は小さくても出来て無くてはならないです。


小さいお子さんは弓のもち方が親指の位置が、まだ大人のスタンダードなもち方に出来ないので、子供の持ち方


をしている可能性もありますが・・・ 




そして16分音符もきちんと弓が真っ直ぐになって刻めているかも再確認してください。


意外にロングはOKでも刻みに入ると無駄に力んでしまうスイッチを持ってる方がいて、


下手なのこぎりの様に動いているから音抜けや、きしんだ力技な音がするということもあります。




ロングも綺麗に出来てない方は、10Cmくらいの長さの16分刻みは気持ち良く、弧を描いて刻んでるはずです。


それもアップ、ダウンも長さや、弾きなおしが出来て無いとか色々気持ち良く出来ない所が目に付くはずです。




目に付いたら、初心に戻り、今なら直せて、もっと楽に楽しく弾けるはず!と


心新たにボーイングを見直して欲しいとおもいます。




肘が残しすぎて、肘が高すぎでおとが抜ける。


オケ弾きが長いとボーイングが荒れますので、一度見直してください。


市民オケとかアンサンブル等が多いと狭い中で、しかもうっかりすると実力以上の曲を拾わねばならなくって、


ソロでは聞けません。。。ぐらいボーイングが荒れがちですので!




勿論ソロのみの方でも、慣れでボーイングは気持ち良く荒れますので、一ヶ月に1日はボーイングチェックと


初心に戻って綺麗な奏法で弾けてるか!(姿勢等)音は澄んでるか!等を客観的にもチェックをする日を


忙しくても作って欲しいと思います。




弓を手前に引くのは・・・弓のもち方、腕の使い方、肘の高さ、手首が先に落ちてる等


色々原因が見つかるはずです。手前に引くという考えは一寸違うかな~




クロールの最後の伸びの部分が出来るとダウンの先弓は分かりやすいとは説明して、


お~合点!!と大人の生徒さんは言いますが・・・




さてさて。どうか、今一度発展途上の方も、ある程度基礎の付いてる方も、とっくにベテランでも


再確認は必ずして欲しいと思います。


壊れると早いし、悪い癖は付くの早いけど、直すのは倍ではすまないくらい時間がかかることもありますので!


弾く姿はとても大事ですよ♪





2007-06-13
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

引越し前に頂いたコメント
■とてもお勉強になります★

左手もさることながら、右手のボーイングが出来ていないのが、良く分かります。

ボーイングに関しては、先生には特に何も言われず、「真っ直ぐに弾けてますよ」とかしか言われませんが、ビデオで撮ったりして見てみると、腕ごと??動いているのが分かります。
すごーく気になるのですが。。。。。

私の場合は、時々弓先がバイオリン側へ向いているようで、腕を少しからだ側へ寄せなさい(引く)と言われます。

sa-monpink 2007-06-13 15:58:32 [コメント記入欄を表示]
■Vnと弓のアプローチ

もしかしたら、アプローチの時点で肘が約90度よりも狭い状態での窮屈な構えになってませんか?手首を軽く山にして、元を弦に乗せるときに肘(肩から肘弓元までの角度の話です)が約90~100度くらいの余裕がある所に腕をセットして弓中までは腕の高さごとス~と自然に降ろしていく。越えたら肘が中に入って行き軽く脇が閉まっていくイメージです(腕のリーチで大分変わるので鏡をみて無理ない動きであるのを確認して体で覚えてください)
スポコンな感じですが、まさに実技ですので、覚えるまでひたすら良い形を追求して復習して叩き込むエクササイズが重要でそこから優雅な?動きが生まれると思っていただければ!
肩と肘と弓元が窮屈だと、弓先はどっかにいきますし、それこそす~っと弓が動きたいようにしてあげれませんので、シンドイ中のゆとりの構えが明暗を分けるかと思います♪確認してみてください

danse-macabre 2007-06-13 18:30:49 [コメント記入欄を表示]
■ボウイング練習

私もボウイングには苦労しています。
ちょっと変な癖があるみたいで…
駒に対してまっすぐ動いてないから、弓がだんだん駒寄りに動いてっちゃうんですよね(^^;)

鏡の前で確認しながら弾く練習をしてます。
先生にもたまに肘と手首を持ってボウイングの修正をしてくれます。
6年かかってついてしまった癖だから、直すには倍の12年かかると思って取り組みなさい。と言われてるんですよΣ(゚д゚lll)

音色が悪い理由にはボウイングの基礎が関係してる事が多いらしくて
「ヴァイオリニストは死ぬまでボウイングの追求!」
と日々先生に言われてます。
ボウイング、難しいんですが、綺麗な音色で弾きたいので頑張って修正してます。

部屋に姿見を置いて練習するようになってから目に見えてボウイングがまっすぐ動くようになった気がするので、やっぱりやるとやらないでは明らかに差がありますよね。

日々、曲の練習に一生懸命になってしまいがちですが、やっぱり基礎練習は欠かせないんですね。
こちらのボウイング講習もよく読んで実践してみますね!

みなみ花音 2007-06-14 00:53:48 [コメント記入欄を表示]
■大丈夫よ♪

大学時代、今まで10年以上もしていた弓のもち方を変えました。
それは楽器の構えも一緒だったのですが、丁度生体力学的なVnの構え、弓のもち方使い方が、日本に入ってき始めた時代でした。
勿論、変えさせられました。今迄身に付いた物、意識しなくても楽器が弾けるという感覚を全て打ち壊して、1から身につけ直しです。そうなった時は、めっちゃ下手になります。それでも前期後期と実技試験はありますので、必死でしたね~
それでも、生体力学的な構え等は本当に故障が減るので、身につけなおして良かったとさえ思います。ですので、私は最初からその方法で教えていますが、未だ地方は生体力学的な方法を教授されていない音大生も居ます。教授されても受け入れないのかは分かりませんが、そういう方に師事されていて移ってきた生徒さんは本当に修正が大変です。何故なら、切羽詰ってないからです。でもね、上手くなりたかったら、修正した方が本当は早いんですよ♪ですので、みなみ花音さんのように、頑張る方は素敵ですよ♪
分かる範囲でお伝えしますので、此処が分からん!と言うときはまたお知らせくださいね♪

danse-macabre 2007-06-14
| URL | 2007/08/02/Thu 18:26 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。