スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左手の手首

先の続きのようなことですが・・・




先日の結婚式の写真を頂いて、生徒と私と並んでいて、楽器の裏側からの角度で映っている写真を見つけました。




そこで気付いたことです。




肘から出先まで、無理の無い真っ直ぐのラインで楽器の構えになっているか!と言うことです。


生徒に何時も言ってるのですが、手首も出来るだけ真っ直ぐのライン上にあって、


それで指が曲がって弦を押さえれると理想だよね!と




たまたま。自分は出来ていてホッとしたのですが。


指導していて自分が出来てないのはまずいですよね^^;




ところが、生徒は。。。ずっと注意していて大分直ってはきていて、あと少しだなぁ~までにはなっていたのです。


レッスン中見た限りでは。。。


ですが、自分結婚式での演奏ですから、見事に緊張で、身に付いてなかったのですね。。。


手首が落ちて、手のひらが天井向きになってしまってました。




そう。この状態は、構えがまだ、残念ながらVnを支えてしまっている状態なのです。




腕から手首までは真っ直ぐ、手首が凹んで/\/左のから手首から先、真ん中が肘から手首、右が上腕


極端ですが、こんな感じに見えてしまっていたのです




凄くしょっくでした。


もっと、注意をして、もっと楽に弾けるようにアドバイスしていかねば!と、この部分はもっと徹底して


指導が必要だと思いました。




鏡のチェックは、正面からだけではなく、左斜め後ろからも必要ですね!




改めて、色々気付かされてしまった、写真でした。




姿勢チェックの中に、正面だけでなく、左斜め後ろの腕、肘、手首までのラインが人間の体の構造


に対して、無理ない構えであるかも1つのチェックとして追加していただけるとよいです。




あまりに、不自然な格好で弾くのは、やはり、演奏に負担がかかる!ということは間違いありません。


体にも、技術にも、本来そんなに苦労しなくても身に付くかも知れないのに、


構えがネックになってしまって、余計に大変になっていることもあるということを、


写真から実感してしまいました。




頭で分かっていて、注意もしてましたが、左斜め後ろからのチェックを怠っていた!と


分かったので、今まで以上に、レッスン中はうろうろしようと思います。




そして、生徒にも、左斜め後ろからの姿勢チェックを週1はするように声かけをしようと思いました。


そんな理由で、此方にも記載しました。




何時も以上に時間が無い~という走り書きなので、誤字脱字は物凄いかもしれません。


あまりにビックリしたので、書きに来ました。







2007-06-18
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

引越し前に頂いたコメント
■私の先生も

レッスン中は絶えず私の周りをウロウロ歩いてます(笑)しかも、私の前に立ってレッスンすることはなく、歩いていないときも斜め後ろから見ています。
そういう意味があったんですね~。
先生がどんなところをチェックしてくれているのか、勉強になりました。
自分で後ろから見るのはなかなか難しいので、先生の目でチェックしていただけると助かりますね。

amima-ru 2007-06-18 19:49:41 [コメント記入欄を表示]
■挙動不審では無いのです^^;

立ち姿に無理が無いか!体がおかしくないか?
そんな事をチェックしているのだと思います。
パット見、正面だとボーイングいいかな?でも、角度を変えると、あっ出来てないところ発見!なんてこともあります。
そこで、きちんと早いうちに修正出来る事が、大事なんだと思います。
今日日、残念ながら、脚を組みふんぞり返ってレッスンを時間でする先生が多い中、うろうろ歩いてくださる先生に師事されてとてもラッキーだと思います。
仕事ですが、熱意を持って指導ということをされてる先生ですよ♪
時間で生徒をさばく!を仕事と勘違いされてる先生が多い中、貴重なご縁だと思います。
田舎でも悪名高い先生が多いので、関東とかは先生の数も多いですが、性質の悪い先生の比率も半端ではないと思います。
姿勢を常にチェックしてくださる先生は、少ないようですので、ご縁を大事にしてくださいね!
でも、悪評ばかりの中でよい先生のお話を聞くと、嬉しいです♪
私もまだまだ精進しなくては♪

danse-macabre 2007-06-19
| URL | 2007/08/02/Thu 18:31 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。