スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リズムが取れなかった子が!!

その後、やっと成長を遂げました。


なんとか、音符の長さの切り替えが出来るようになりました♪




同じ課題を既に3ヵ月以上はしてますが、やっと、言っている音符の長さと


弾いている音符の長さが近くなってきました。




1回だけはバッチリ合ってました合格


音符の長さと弦のアプローチの為に、全弦でTRYしてもらってます


凄~くゆっくりの時間ですが、何かが繋がったようです。




出来た時は私の方がバンザ~イと両手を挙げて喜んで、本人もにっこりして、照れてますが・・・




でも、そうすると、もう一回弾いてみよう!が続くのです。


ありゃりゃ~ってなっても、諦めずに弾こうという意欲が出来てきました






そして、気付いたこと。


弓の毛の向きが、自分に向いた方向で弓を引っ張れるようになりました。


凄い、成果です




どうしても、腕が言うことを利かなかったので、ロールしてしまった弓。


まだまだですが、3回に1回は向くようになり、レッスン最後にバイバイするまでには、


さ~もう一回頑張ってみよう!!で弾いたら、「タクシーパトカー元気良く」が弓の向きが正しく弾けました


(本当は「あるけーあるけーげんきよく」ですが、変わってしまうと、ダウンからアップからスタートが分からなくなってしまう子なので覚えた言葉のリズムに変えて弾いてもらってます)




すかさず褒めたら、「出来てた?」と小さな声で照れて言ってました。


うん、出来てたよ♪上手だったよ♪と




そして、ちょこっと問題児の子がいるのですが、待っているソファーでバタ足をして遊んでました。


タクシーは4分♪4分♪二分♪の組み合わせのリズムと長さ(弓の使い方)の練習課題です。




偶然なんですが、4分♪の時に普通にリズムでバタ足をして、2分♪を長さ分パタパタと細かく長くバタ足をしてました。




それが、物凄く、音符の長さときっかけになって、余計に彼女の中でぴたっと入ったみたい。


レッスンでは、鈴でやっていたのですが、もっと直接的に弾きながら、先生と声を出して、先生の指で弓の動きを確認して、


そして、耳から、バタ足のリズムで体感して♪




いつもならレッスンの邪魔になるので叱ってしまうのですが、


お兄ちゃんが手伝ってくれてるよ♪一緒に弾こうね♪


で、なんとなくリズムが分かってきた中で、ぴたっと来たようでした。




途中おにいちゃんが疲れて、リズムが狂ったら、なんと、お兄ちゃんの方を見て、


困った顔をしたのでした(笑)


私が、●くん、リズム変えると○チャン分からないって!といったら、え~嘘~ってきついよう~と


言いながらも、頑張ってレッスンのお手伝いをしてくれました。




そこで、すかさず。お父様とお母様への宿題です。


鈴で、今の様に、シャン シャン シャラララ~とタクシー、パトカーをして下さい。


予習で、フーセンまで口とお手手、鈴もTRYです。


勿論此方も、必ず一緒にやってください!




さてさて、何故、タクシーパトカーなんでしょう。


勿論言葉の通りに弾ければ♪が分かりますよね




もう1つこだわりがあります。


それは、タクシーはダウンスタートの弾き方として、覚えてもらいました。


ではパトカーはアップスタートです。


今後、このリズムが分からなくなった時が来ても、タクシーとかパトカーの弾き方だよ!で


弾けるようになるからです。




それでも、ハードルを少し越えたので、お父様も一安心された模様。


でも、本人が一番、嬉しそうでした♪




そして、練習がどうしても上手くいかないということで、1ヶ月がブロック型の手帳で五分練習したら、1枚シールを貼る。


作戦に出ました。


練習した時間を5分で1つだから、9分だったら、2枚貼れないから、後1分頑張ろうって言われたら、シール増えると思うんだよ♪


っていったら、とても嬉しそうでした。


此処でのまず、お約束。


「練習は毎日がいいけど、もしお休みしてしまったら、次の日はお休みしたら駄目よ♪


お休みの理由。具合が悪くてどうしても出来ない時は、お母様かお父様に理由を書いてもらえば、


OKだよ♪レッスンに来た日は、レッスンシールを貼ろうね!」と




3歳10ヶ月からスタートした子も記念になるから、そうしよう!としていたので、


丁度○ちゃんも3歳10ヶ月になったので、始めました。




次回会うときはシール何枚になってるかな~と私も楽しみです。




何故なら、やっとリズムが体に入った大事な時期なので、たった5分でも毎日やるとやらないとはエライ違いです


どうか、親子で、少しでも毎日を取り組めることを祈るばかりです




ぞうさんとかの動物シリーズは、○ちゃんにとっては、混乱になってしまったようです。


人によって、変えた方が分かりやすい、変えたら駄目とあるのですが。。。。




○ちゃんは変えては駄目だったようです。


それでも、少しづつ、取り入れて、ハッと分かることが出来る素材を増やして行ってあげようと思ってます。




もし、練習嫌いなお子さんが居たら、5分でシールやスタンプで目で分かる、自分の練習記録をつけるとよいと思います




そして、何時から、どれをやったか。合格になったとかを、お母様が記録してあげると、凄く励みになると思いますよ♪



2007-06-19
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

引越し前に頂いたコメント
■はじめまして

ご訪問&コメントありがとうございました。
あほなことばかり書いていてスイマセン。

「弦を演奏に適した状態にする装置」
ガット弦の方はきっと必需品なんでしょうね。
ソリストも持っていると聞きました。

私も都内で見たと思うのですが、時期が近いような気がします。

分かりました。楽器屋さんに行くときは気にしてみます。

ところでこの装置の正式名称ってお分かりになりますか?


とも 2007-06-20 09:39:38 [コメント記入欄を表示]
■ともさん 有難うございます

わざわざ、有難うございます。
ガット弦でなくても、いわゆるシンセ弦でも必要です。楽器に付けて伸ばして、外してすっとくでは弦に負担がかかるのです。
そして、やはり弾いてしまうと、タッチとかでやはり均等に張力がかからないのが痛かったりもしますし、人の汗や脂はストックにしたくてもやはり劣化の原因なのです。
コンクールや発表会とかの前には万一様のストックを作りたいのです。
張り替えたばかりでも、運悪く本番前ギリで切れてしまうこともあるのです。そんな時は本当に助かるのですが。。。
楽器で張力は、楽器ごとの弦長が微妙に違うので、それも個々の楽器を使わねばならないということは、生徒自身がストックを作れるか?という現実にも直面するんです。
そろそろ探して5年は経ってるのですが、見つからないのです。修理でお世話になってる工房さん
でも聞いたのですが、見たことあるけど商品名も発売元も分からない・・・というお話でした。
そして、見たとき以外見たことがない・・・と。
何かのついでで、ふと目にしましたら、是非教えてください。お手数をお掛けしますが宜しく御願い致しますm(_)m

danse-macabre 2007-06-21 08:07:07 [コメント記入欄を表示]
■成長

先生という職業だと生徒の成長した時の喜びが感じられて嬉しいのでしょうね☆
先生をしているdanse-macabreさんが羨ましいです♪

結城瑠奈 2007-06-21 20:54:50 [コメント記入欄を表示]
■了解です♪

確かに、コンクールだと必要ですね、すぐ使える状態の弦。
ちょっと自分の世界とかけ離れたバイオリン話が伺えて興味深かったです。

もしかしたらなのですが、弦楽器フェア、なら手に入るかもしれません。製作の道具もふんだんにありますから。いつも11月頃開催です。
あと、楽器の材料の問屋さんなども可能性ありますね。

どこで見たのか思い出せないのが、ちょっと残念です。

とも 2007-06-26 11:10:34 [コメント記入欄を表示]
■無題

結城瑠奈 さん
役得ですね♪生徒さんだけでなく自分の成長にも出会えてしまうのですから

ともさん
宜しく御願いしますm(_)m

danse-macabre 2007-07-01
| URL | 2007/08/02/Thu 18:33 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。