スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再度 始めるにあたって

最近、新生活のリズムが掴めたから、そしてボーナスが出たから!というのもあると思いますが・・・


教室探しの連絡を立て続けに頂いてます。




電話をするにあたって


①月謝、1回のレッスン時間、月何回、自己都合での休みの場合の振替の有無、


回数によってレッスン代が変わるのか、希望時間が空いてるか


②楽器の用意等は自分orレンタルなのか、


レッスン代以外に初期費用がどれくらいを先生は指定してくるか!


③電話連絡で見学に有無or体験レッスンの有無




①これは、普通に聞けるとはおもいますが、事前にQ&Aの項目を作っておきましょう。


メモに残しましょう




②これはかなり重要です。


初期費用。楽器の用意は個人もちが殆どです。


そして、個人もちでも自分で選んで購入して!と放っておかれるのか、ご案内しますよ!とでも


対応が違います。


初心者に自分で買えは、レッスンもおざなり、時間でさばくでしょう


では、ご案内は?


1 生徒の考えと先生の考えをすりよせて一緒に考えてくれて、そして、決定は生徒側にある場合はOK





そうですね、簡単に二桁の例えば10万以上は最低かかりますはNG


結果として、その金額以上を選ぶ分には心配ないですが、最初から、なんの説明も無く大金の話を持ちかけてくるのは


どうも納得いきません。


習おうとしている側から30万は用意してます!と話があっても、きちんと話し合いをしてからの必要があります




そして、教本、譜面台、メトロノーム等買い揃えねばならない初期投資部分は楽器に上乗せ1万は見て置いてください。


大抵はシッカリお釣り来ますが、選ぶものによっては簡単にあしが出ます^^;


メトロノームを凝ってしまえば2万近くのもありますしね!譜面台にいたっては、14万なんてのもあると言う話です(滝汗)




③電話連絡で見学に有無or体験レッスンの有無も


無い所はNG


きちんと、見せてもらい、レッスンの雰囲気、先生との相性、そして、最低限フィッティングをしてもらいましょう


大人の方でも、構えるのってこんな感じなんですよ!くらいでも、挟むことをしてみる


大事なことです。思ったよりしんどくて、続けられない!と思われる方もちょこっと挟むで起きるようですので




楽器のことは、よく相談してください


そこで、先生が音楽馬鹿で、世間の感覚を持ち合わせているかをチェックしましょう。


勿論、専門にVnをやってきてるので当たり前に多少感覚ずれてますが、


主婦の立場等も考えられるか!も重要です。


高価な楽器で無いと、レッスンしないと!頭が固い人も残念ながら多いのも事実です。




最初は楽器を壊してしまうこともあるんですよ。注意していても。




生徒さん側の感覚と先生の感覚が平行線であるならば、全く合わない相手!と判断して、


他所を探しましょう。




気に入ったら、即その場で習うことを告げましょう


では、迷ったり、誰かと相談して決めたい場合です。


どちらの答えになったとしても、必ず、時間を頂いたのです。


最低限の礼儀で他所にする、ここにするを2日以内には連絡をしましょう。




以前にも書きましたが、見学された!と言うことは、レッスンを見せてもらったのです。


それも、知らない人がじろじろ見てる中で、ただでさえ緊張して弾いているのです。


貴重なレッスン時間を!


ですので、レッスンを見せてくれる人がいるから見学が出来る!という謙虚な気持ちで御願いします




自分の立場なら、レッスン見せたのに、来るか来ないか返事を聞けない相手に


貴重なレッスン時間を邪魔された!になるはずだと思います。


見学つきの場合は、次週必ず、生徒から「この前の人どうでした?見学に参考になった?」


と聞かれます。


決まった場合は、レッスン前にでも私からお礼の連絡を入れますが、入れれないこともあります。


なぜなら、連絡無しです。しかも、上記の様な話を見学の方に話して居てもです・・・


なんともやるせないのですが。。。




これは、初めての方だけでなく、教室変更の時にも重要です。


見学時、理由も無く持参された楽器をけなす先生もいます。それもNGです




後は見学時、レッスン中に先生が一緒に弾いてくれたり、何か指導の時に生徒に寄り添ってるか!も


ポイントかもしれません。


小さい生徒に膝立ちで教えていたら、その姿勢が気に入った!と言って、決められた方がいらっしゃいました。


子供の目線に下げたり、体感でレッスンを手伝ってくれる先生であるかも大事。


これは、見学時に感覚で受け入れられるか、ありえないかを感じたことも重要です。




会った印象も。


第一印象結構大事です。私自身も、お会いしてNGと生理的の思ってしまう方は、後々トラブルが出ます。


ですので、そういう場合は、無理やり理由をつけてお断りすることもあります


(よっぽどは無いのですが、NGと感じたら、結局他の生徒さんに迷惑をかけたのです。)




あとは、始めても居ないのに、大人は弾けるようにならない!と断言する先生もNG




本人次第だからです。子供の様に時間があるわけではないので、やはりどんなレベルまで到達できるかは分かりませんが、


それでも、逃げさえしなければ、心のこもった演奏は出来るようになるはずです。


大曲を弾けるから、Vnを弾けるでは無いです。


何かを伝える演奏が出来るようになるか、そして、苦しい練習をこえた後の楽しい演奏が出来て、


音を楽しむ!下手な横好き(←言葉は悪いですが)はとても重要なポイントです。




無駄にいらないプライドの持ち主の先生は、綺麗にかなりの難曲を弾けないと、弾けない!と判断されるようです


私からすれば、ありえないです。




弾けるレベルの話と、弾いて楽しむの弾けるというレベルは違うと思いますので!余談ですが・・・




最低限の礼を尽くしてくださいね!


そう、いくら問い合わせでも、見学に来ることを決めたなら、名乗って連絡先を伝えましょう。


それすら、黙るのは、先生側がNGを出すかも知れませんよ!




 



2007-06-23
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

引越し前に頂いたコメント
■教室選び

私もとにかくヴァイオリンを弾きたい!!というのが先立って、今の教室意外を知らずに今までやってきているのが、ちょっと私浅はかだったなーと思ってます。
楽器屋さんに電話して聞いたら今の先生を紹介して下さったので、電話してすぐに先生に会いに行ってしまいました(笑)

でも、今他の方の教室選びを見ていると、みなさんネットで検索したり、体験入学してみたり、色々模索されていて、すごいなぁと思います。

私ももう少しこれからでいいので、考えて行動しないと!!と思ってます(^^;)
とはいえ、今習ってる先生がダメ!って事ではないんですけどね。
教室探しも奥が深いなーと思いました。

みなみ花音 2007-06-26 00:51:48 [コメント記入欄を表示]
■無題

みなみ花音さん
今の方が教室選び大変なんですよ。
昔ながらの先生ならば心配ないですが、お金で時間で生徒をさばく!という、トンでも無い先生もVnの世界でも増えてきたのです。ピアノは結構昔から多かったですけど、P人口が多いので仕方ないのです。
そして、あまりに情報が多い為、情報のピックアップも難しいのが現代なんです。ですので、今は今のやり方でチョイスしていくので、気持ち良くはずれを引かないように!という願いもあります。
直感で嫌でしたら、いまの先生には多分師事されてらっしゃらないはずですから、チョイス成功♪でよいと思いますよ。変えたくなったときは、是非色々今風に試してみるで良いですね。
でも、先生変えると迷子になりやすいので、指導が本当にばらばらなんで。。。移籍はもっと難しい選択をしていくようです。
だから、私も今風に体験や見学を組んでます。話だけで済めば楽なんですけどね。母の私が、自分ならどうよ!と叫ぶので仕方ありません^^;

danse-macabre 2007-07-01
| URL | 2007/08/02/Thu 18:35 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。