スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見通しを付けて♪

お久しぶりです




ある本を読んでいて目から鱗のお話です


先の見通しを付けて、短い指示で順番に物事を片付けていく!こなしていくことの大事さを


改めて実感しました




何時もキ~キ~言ってしまう、新たなことや、難しいことに急に直面すると


軽くパニックを起こしやすい子、大人もですがいらっしゃいますよね




くだらない!と思われる方もいらっしゃいますが、やらなければならないことを


細かく、短文で、1つ1つ丁寧に指示を書いたり、細かく声かけをする。


ただ、やるのではなく、その一つ一つを細かく見て、声かけをする。




手などの体に触れて指示を出す時や体感をしてもらう指導のときも、声をかけてから


触れてあげる。その後一人でさせてみて、また細かく声かけをする。




その、行動はかなり、パニックを起こしやすい子、大人でも、すんなりやすいということがわかりました。




実技の学び事は、順番すら飛んでしまうから、何処で分からなくなっているかすら、本人さんが


そして、家族が分からなくなってしまっていたりするケースがあります




事務的な感じの短文の指示で、愛情不足に感じるかもしれませんが、


パニックを起こさずに、一つ一つクリアさせ、安心させて、次へ進むのと、


闇雲に次々、もうやったからわかっているだろうと、飛ばして指導をしてしまうことも、お母さん先生も含め、


指導者は陥りやすいのではないでしょうか




直ぐには、先生もお母さん先生も変われないとは思いますが


お子さんが、大人の方も含め、困って苦しむのは勿体無いです。




ついつい、出来ているだろう。分かっているだろう。。。と思ってしまう指導側の落とし穴です。




面倒でも、細かく見通しが付く、指導が大事だと痛感しました。




新しいこと、変化ということにパニックを起こしやすい方は、見通しの為に、細かく


1つ1つ指示を出す。クリアを確認する、そして結果へ導く。




当たり前のことのようですが、いっぺんにだらだら指示を出されても、飛んでしまって、何処で分からなくなってしまったのかが


分からない・・・どうしよう。更にパニックに陥る。




子供も大人も、困ってしまって、説明が出来ない。何処が分からないか分からない。。。


質問できない、分からないと言えない。




こういう場面を少しでも、家庭のお稽古でもレッスンでも減らしていくことが大切だと感じました。




移弦の練習のとき


まず、ダウンでスタート。


全弓。止まる。弦を移るから、パタンと倒そう。


倒せたら、弦の上に上手に乗ってるかな?じゃ、スタート。UPだよ。全弓


止まる。




そんな繰り返し。絵で書いて、言葉も添えてもよいですよね!イメージが掴みにくくて、


言葉の短文指示も分からないときは!




そして、私がよくレッスン中にいう擬音。パタン。つんつん。う~んパックンチョ。


こういう、動作が言葉と擬音でつながりやすいのも入れてあげると、更にパニックを抑えられて、


分からない!の中にも、分かる部分が見えてくる。


根気よく続ければ、分かるに繋がる。




そんな事を、ある本からやってみよう!で気付いて、やってみた結果をの1つです。


些細な、簡単な忘れてしまいがちなこと。


オムツを外した時の、こと細やかな指示や、行動とか、離乳食に入ったばかりの子のご飯とか


そんな時、細かくしてたよね!と同じです。


もしかしたら、気持ち良く抜けてしまったりしてても、一寸づつ、その子の性格を交えて、


細かく、ゆっくり、できるのを待って!指示を出していく。




見つけてしまえば以外にもあっさり出来てしまい、本人も指導する側も楽に進んでいけます。




Vnに限らず、大事なことだと思います。


お子さんにお母さん先生されてる方は、お子さんの手を離さずに、どうか、なんで分からないのよ。。。


では無く、最初に教わった時の指示とかを思い出して、何処で飛んでしまったかを見つける為に、


もう一度、細かく、見直してクリアして差し上げて欲しいと思います。




これは、私にも言えることです。




落ちついて、1つ1つ、確認しながら!をもう一度見直して、先の見通しも付けて!結果に、導いて欲しいと思います。




お一人で練習されてる方もです。


リズムが取れないとかも、当たり前のメトロノームを使う、使って満足でなく、聞けて弾けているかを


客観的に、録音をして聴き、更にそのときもメトロノームを鳴らして、もう一度聴きましょう。


見えてくる、自分の問題点を洗い出して、繰り返し。


出来るまで、先に進まない。それをしてれば、最初はとっても亀さんですが、


身につけた習慣になれば、あっという間にどんどんクリアしていく自分に出会えると思います。




普通の生徒の時は私も漏れなく、怪しい子でした。


音大という道に進むことによって、逃げれなくなって、身に付けていきました。


でも、いま思うこと。もっと早く頑張っていれば、もっと沢山の大曲を教授に見てもらえたな!


損したな~経験と言うことができなかったことを・・・と思っているのも事実です。




限られた時間の中のレッスンです。


音楽家になるならないではなく、自分が何処まで伸びるか!そしてその結果を楽しめるかを大事にする為に、


先の見通しを自分でも分かりやすく立ててから練習に取り組んで、次のレッスンに出来た所までは自信を持って


レッスンをして、足らなかった所を改めて補充!をしていくとよいな!と思います。


出来ているつもりが一番怖いのですものね♪



2007-06-29
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

引越し前に頂いたコメント
■レッスンノートの薦め

ちょうど今、移弦を練習しています。
私の先生もまったく同じ教え方でした。(ちょっとびっくり!)
>>>まず、ダウンでスタート。
>>>全弓。止まる。弦を移るから、パタンと倒そう。
>>>倒せたら、弦の上に上手に乗ってるかな?じゃ、スタート。UPだよ。全弓止まる。

それと、私の肘をつかんでD線、A線の移弦の際の肘の高さを覚えさせて。

さすがに、相手(私)が大人なので、「う~んパックンチョ」はありませんでしたが。

個人的にレッスンのノートを作成しています。
その日に、注意をされた事をメモしておきます。
最初は左肘が下がるという注意が多かったですが(肩当があっていませんでした)、
最近は「弓(幅)を大きく使って」という注意が多いような気がします。
楽譜と指と弓とを見るために、3つめ小僧(目が3つ欲しい)になりたいです。

ちさこ 2007-06-30 06:18:35 [コメント記入欄を表示]
■無題

ヴァイオリンに限らず、このような事って様々な場面で大切なことですよね♪

結城瑠奈 2007-06-30 22:36:20 [コメント記入欄を表示]
■コメントありがとうございましたm(__)m

本音を言っていただけて、うれしい限りです。

danse-macabreさんの教え方、共感できる部分がたくさんあります。

生徒がどこまで理解して、実技に活かせているか、気になるところですよね。自分の伝えたいことをいかにうまく吸収してもらえるか、という点に苦労されていると思います。

ジャンルは違いますが、僕も同じです(・・;)

僕のプロフィールにも書いてありますが、実は僕もヴァイオリンに没頭していますよ(^-^)/
かれこれ20年くらいになります。
ここで教えてくださる内容を初心にかえって吸収させていただきたいと思っております。

わかったつもりが一番怖いですもんね(ノ_・。)
何事においても。

音楽を楽しむ気持ち、ヴァイオリンを好きな気持ちを今後も大切にしていきたいです。
そういう気持ち持ってないと、やっぱりいきづまってしまいますよね。。
小さい子みていると、親の気持ちばかりが先行してしまって、子がなかなか吸収できずに苦しい思いしていますよね。それで、練習が義務みたいな感じがしてきて。
時に音大生にも感じられます。技術を追求したり、音楽史を知ったりすることで視野が狭くなって、音楽を楽しむことをふと忘れてしまう。
医学の世界も同じで、どうしても高レベルを追求しようとすると、こういう現象って起こりやすいですよね。

初心にかえること、大事にしなくっちゃですね。
長いコメントですみません。。

今後ともよろしくお願いいたしますo(^-^)o

医師国家試験浪人生 2007-06-30 23:10:58 [コメント記入欄を表示]
■皆さんコメント有難うございます

>ちさこさん
私は皆さんに擬音は使ってしまいます^^; 始めた時間軸から考えて大人も子供も一緒♪と思ってます。大人というプライドを意識しすぎて、些細科も知れないけど必要な部分が抜けていた・・をやってしまった経験からです。
ちさこさんの先生と同じでした?いろんなアプローチはあるのですが、最終的にはきっと同じなんでしょうね~効率よく生徒さんが納得出来る指導という経験で♪
レッスンノート。これは本当にお勧めですよね♪
現在進行形に限らず、後でも非常に大事な記録となります。何処で悩み、克服した等、一目瞭然ですものね♪

>結城瑠奈さん
>様々な場面で大切なこと♪
その通りです。さすがにそこまで書くといやらしいと思ってしまったので、伝わっていたことが嬉しいです。

>医師国家試験浪人生さん
理論で上手に語れないので、読み取って!という文章がちりばめられてしまってるかも・・・
>初心にかえること、大事にしなくっちゃですね
そのとおりです。初心に=出来るだけ生徒さんの目線になれるように、昔を思い出して、そして現在進行形の方に、先生だから出来て当たり前で無くって、誰でも出来るようになる!という希望も伝えて行きたいと思います。私はエリートで音大に行ったわけではないので、そこが指導に役立つ強みだと思います。ですから、初心は思い出せなくても、いろんなアプローチで思考錯誤して、生徒さんと一緒に成長していきたいと思います。
>音楽を楽しむことをふと忘れてしまう。
私は当てはまりませんでした、余計にへぇ~なるほどね!と裏づけになって指導に役立ってます。そして、音は楽しむ為にある♪が私のspiritですから、消えなかったですね~
苦しい時こそ、音を楽しんで弾ける日を夢見るので、結局楽しんでるんですよね。悔しい~弾けない~弾けるようになってやる~あ、この音色出た~ってそれだけで楽しくなってしまう人なんですよ♪Vn弾く事態が私にとって楽しくて、幸せな時間ですから♪
長文、短文ともに嬉しいです♪こんなつたない文章でも何かが伝わったということが分かるだけで嬉しいのです♪

今後も皆様宜しく御願いしますm(_)m


danse-macabre 2007-07-01
| URL | 2007/08/02/Thu 18:36 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。