スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導って

これから指導を目指している人へになってしまうかもしれませんが。


そして、色んな分野での先生をされている方へ、そして生徒さんである立場の方へ


どう思いますか?と投げかけかもしれませんが。


私の思いを書きたいと思います




先生を目指されるならば、読譜は音大いけた人にはなんで?と思うことかもしれませんが、そんなことはただの上からものをみた人です。


指導者として必要なのは、自分と同じ教わり方ではいけないのです。

良い部分は勿論伝えて、生徒に合わないというか、人それぞれですから必ず、目線を出来るだけ合わせましょう。

但し、私のレッスンを見て噛み砕くに反応した人は自覚してます。


初期の生徒は教えれない。ある程度以上の状態で無いと無理!と。

此処が弾けない!という大変さや苦しみが理解出来ないし、想像も出来ないのだそうです。




指導に向く向かない人も居ます。演奏家でも指導がてんで駄目と言う方も普通です。

ですので、指導も視野に入っているのならば、初心者等を沢山観察して、どう分からないとか、苦労しているのだろうと、知ろうとすることからスタートだと感じてます。




自分が、新たに始めることがあったとき知識だけでは語れない何かに悩むのは普通ですよね!

そういう感じを忘れずに、音楽を純粋に真っ白なスケッチブックに先生次第で、どんな色にも染まっていくのです。


そんな重さを感じてます。




私が正しい指導者とは思ってません。


淡々と事務的でもきっちり教えれるのは素敵なことです。


私には出来ないのですよ。--;




でも、人間相手です。


感情があります。お互いに。


そして、心を表現するのが楽器ですよね!


では、生徒に愛情が注げない先生に指導される生徒さんはどうなるんでしょう。。。


そつない演奏でも、心がこもった演奏は絶対に(本人が勝手に身につけてしまう場合は除外)


身に付けていけないと思ってます。




なぜなら。


よそから移ってきた生徒さん。


わたし以上に基礎を大事にされて、練習曲等のトレーニング本を沢山してますし、


音程にいたっては物凄くうるさいようでした。


ですが、直せてないのですよ。


移籍先を探しての体験レッスンでいらして2ヵ月後移籍されたのですが、


同じ曲を弾いていたので、音程や音楽の作り方など、覚えていたのですが(私が)


2ヶ月何してたの???じょうたいでした。


とっても哀しかったです。




ポジション移動も、エクササイズでは出来るけど、曲に対しての応用と言うか置き換えが出来ないのです。


それこそありえない。


読譜も調号見て最低限のイメージを作る(どの音に♯♭等)ことすら、指導されてない


音程が合わないなら、どうしたらそこの音程をスムーズに取れるか!


そんな簡単なことを指導してなかったのです。


姉妹でVnをされていて、「お姉ちゃんはそんな指導受けてない。


この子にこの指導ですか?」とお母様


でも、一緒に楽譜をみて指導をしながら、どういうことを言ってるかを弾いて見せながら説明


「なるほど、○チャンやってみなさい」とお母様が声かけするくらいでした


あっという間に、さわりだけでも分かったら、何ヶ月も弾けない音程がさらりと取れるのです。


そういったことが指導ではないかと思ってます。




最初は手探りでしたよ。勿論。


だから、全部初心に戻って教本を弾きまくりました。


何処に注意して自分は弾く?と分析しながら。


それを頼りに注意だけでなく、どういう意識で弾くことが次へ繋がるかを


させていく。


人それぞれで沢山の情報が入って、後から来られる生徒さんが一番お得かもしれませんが、


そうやって、自分の指導という引き出しを増やしていきました。




エリートでこられた方は、多分思いも付かないことなのかもしれません。


注意して弾く?そんなこと・・・なんて真面目に言いますから。


上から見たのではなく、本当に難しいとかも思わずに弾けるまで自分を追い詰めて、常に必死で


毎週課題を1週間に1曲あげる!を実践した人には、人に教えてもらうものか?という感覚のようです。


それはそれ。


と思ってますが、指導と言う点では、初心者等は指導できないですよね。




自分がそういう人だから、指導できない!といえるのも凄く勇気があることだと思ってます。


そういう方は、高レベル専門で指導するスペシャリストでよいと思います。勿論演奏家に徹する




その人があった指導という方法で、間違っても、初心者無理なのに初心者教えれます!とか


ハイレベル無理なのに、教えてみたりするという、畑違いをしない!と言うことが大事だと思ってます。




私は、ハイレベルよりも、草の根活動の方が向いてると思ってます。


弾けない!が弾けるようになるのが、私の喜びです。


そう、仕事としてなってしまうので、何処に喜びを感じて、達成感を味わえるか!が


向き不向きかもしれません。


努力しても、目線が近くならないのは、向いてないのだと思います。




初心者。勿論スタートから指導が一番怖いです。


責任が重いから。その分頑張ったら(生徒も私も)結果がいつか見えるので、見えたときが


とっても楽しいし嬉しいのです。


だからこそ、続けてこれたのかも。


悩みは多いですよ。仕事時間以外にも考えること山積みですから!


それが、面倒か苦痛かを感じる方はやはり指導に向いてないと思います。




人の喜びが自分の喜びに少しでもとらえらる位、頑張れるならば、


それだけで指導に向いてると思いますよ




自信なんて誰もが無いです


向いてると思えれば頑張れるだけ、楽しい=楽しいから頑張れるから向いてる!


なんだと思います。




これは、私個人の考えですけどね♪


どう感じるでしょうか。。。




いらっしゃいませ~ トーンさん


レス入れようと思ったのですが、一度取り上げたいと思っていたことなので


此方で書かせて頂きました



2007-07-04
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。