スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽性

音楽性なんて大それたタイトルですが。




スラーや、ボーイング、で音楽がまず変わりますよね


そして、お花を見て可愛いとかそんな感情が湧くのでしたら、まずは大丈夫です。




何故こんなことを・・・


どうして、音楽性がみにつくのですか?どうして、感情表現ができるようになるのですか?




こんな、ことを悩まれてる方が多いのに気付いたのです。




簡単に分かりやすいお話を書きます。


ちょうちょう


という曲、有名ですので皆さんご存知ですよね!


そ~みみ~ふぁ~れれ~っと移動ドで歌う曲です(発達段階で調を変えて勉強することがあるので、主音をドと読み替えるどれみを移動ド)




では、ちょうちょうはどんなイメージでしょう。


ふわふわ飛ぶ。


可愛い~


まったりする


春、花の周りにいる。


春を感じる




こういうイメージをまず持てると思います。


では、ふわふわ、まったりというイメージで歌いましょう


歌えたら、譜読みが終わった後の話ですが、うたった通りに弾いてみましょう。




丁寧に音を出して、ぶつ切りにならない。硬い音を出さない。


音が丸く柔らかになるように。




勿論この曲をやる時に、全て表現なんて出来ません


それでも、心にイメージを感じないでは、音楽性を育てることは出来ません




お手本で、ちょうちょうを弾いて聞かせてみたら、


「ちょうちょが飛んでる。可愛い。こんなに深い曲なんですか?」と。




イメージがどれだけ大事か!を知ることからスタートです




もう少し上のレベルの話をすると





バッハのメヌエットです


れ~れっれし~らしそ  という曲ありますよね


その。れ~れっれのダウン、一弓のUPUPの曲の弾き方


3拍子の123の感覚が身に付いてない人に3拍子を感じさせる弾き方


1のダウンを楽器ごと腕を上から乗せておろす動きをする。


23のUPUPで下げた所からUpごとに弓の動きと連動して楽器を上げていく。


こんな、お遊戯を交えると、3拍子が表現できます。


それで。ズンタッタッタのイメージが付きます・


美女と野獣のダンスの様に!とか、色々イメージして弾く。




これが、お遊戯から音に変化してきます。


変化が合格の時にまだまだ未熟でも。


どんどん進んだ後に戻ったときに、自分の成長を確認する時に弾いた時に、


当時に音楽性を、表現を追い求めてれば、その時に弾けなかった雰囲気や音が技術が追いついて、


必ず弾けるようになってきます。




表現力と、音楽性は同じとくくるのは変と感じるかも知れませんが。。。


実は同じことを求めてます




些細なことですが、必ず音のイメージを感じてください。


何故、UPなのか、スラーなのか。スラーが先で刻む、刻んでスラーなのか


ゆっくりでも、確実に楽譜通りで弾く、そして、なんでそうなるか


それが分からなくても、お手本とかを聞いて、どう感じて、


自分はどうなのか。。。




そういったことを、面倒がらずに、感じること、こんな音が欲しい!こんな風に弾きたい!


と、常に心に描きながらで無いと、音は作り上げれません




ちょうちょうが、ちょうちょうの羽を蜂に付けて、ビュンビュン飛んでいる音しか出ないなら、


それは、ちょうちょうがふわふわというイメージを持てば、それなりに弾けるようになる




蛾がとんでる~とか、モスラ~とか、出てる音をイメージして教えてる声をかけると。


勿論落ち込むこともありますが、どう弾きたい!を心を大事に持てれば、


弾けて来るのです




ですから、どんな事でも、曲でなくても音を楽しむ事が、イメージしていく癖を


つけることが、感情表現、音楽性をつけていく近道です。




この音が出したい、ちょうちょが花畑を気持ち良く飛んでるとかそんな事を感じれる、やってみると言うことを


大事にして行ってもらえたら嬉しいですね




簡単なことから気持ちを音楽として結びつけることをして欲しいです








2007-07-17
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

引越し前に頂いたコメント
■ちょうちょう

懐かしい曲だな~♪
去年の今頃、ちょうど練習していた曲です。
あの頃の私のちょうちょうは、よぼよぼお祖父ちゃんorお祖母ちゃんの蝶々でした。今は多分、若々しい蝶々を弾けるはず(笑)

結城瑠奈 2007-07-17 22:10:48 [コメント記入欄を表示]
■瑠奈さん

是非、若々しいちょうちょうをひいてください♪
恋するちょうちょうでも、お花が大好きちょうちょでも、思い描いたイメージの音を是非体感してください
めっちゃ上手くなってる自分と、もっと上手くなってる自分を楽しみに出来ると思います♪
初期にやった曲を大事に振り返って!は力になるんですよ~

danse-macabre 2007-07-18 08:19:46 [コメント記入欄を表示]
■壁です

私もレッスンで注意される事が
「音程が悪い」「リズムが違う」から
「もっと曲をよく考えて」「譜面どおりだけど、何かが違う」
みたいな注意を受けるようになってから、色々悩んで壁にぶち当たりました(^^;)
今弾いてるバッハのコンチェルトも自分では「すごくかっちりしていて音が大きくてしっかりした印象の楽章」
というイメージがあるのですが、実際それをどう表現したらよいのか、という所で分からなくなってしまいます(>_<)

でも、今回のちょうちょを歌ってみてから、同じ様に弾く。というのがすごく分かりやすかったです。
バッハにそのまま当てはめるのは難しいんですが、同じ要領でやればいいんですよね?

以前モーツァルトを弾いた時に「譜面どおりに間違いなく弾いてるけど、80点」と言われて、そこから先に進めなくて2ヶ月ほどうろうろしてました( ̄□ ̄;)!!
音楽って深いなぁーって思います

みなみ花音 2007-07-20 00:04:23 [コメント記入欄を表示]
■そうですよね^^;

作者の時代背景やその人の持つ曲風を理解していくというのが必要になるかな!
バッハは。バロック時代で、単純さのなかにも
音を重ねて音楽の幅を広げて、チェンバロの時代だから、音を歯切れよく弾きながらも重さを出したりと奏法が色々出てきます。
モーツァルトを苦しんだのも分かるな~ボールを弾ませる、まりつきの様な奏法ですから
作った年齢が若いから若々しさも出しましょう!とかね。。。私も???(怒)状態だった記憶が。。。

花音さんのバッハのイメージを掴んで、間違えがあれば指摘されますので、まずはそれを表現してみるほうが良いかも知れません。
難しいですけど、そこで、イメージを掴み奏法を更にマスターの一歩踏み出すだけ、曲が変わります
曲作りの雰囲気を追記で書きます!

danse-macabre 2007-07-2
| URL | 2007/08/03/Fri 10:49 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。