スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Vn 購入について

音譜楽器について




Vnwo習うから、とりあえず楽器を用意してから、


教室を捜すのはやめましょう汗




本当に困るんです


安かろう、悪かろうを、掴まされてしまう方もいらっしゃるのですよ!




稀にねキラキラとても、良い楽器を、ビックリするほどお買い得でゲット!


なんて、幸運クローバーなこともあるのですが。。。




とてもではないですが、楽器買い替えしてくださいガーン


話さなければならないこともあります。


かなり辛いですので、是非、先走らずに、まず、




教室、先生選びをして、見学して、話をして、それから、


相談して楽器を購入という 流れをとってくださるよいですね!




色んな指導スタイルがありますので、通えるところ、先生との相性


指導方針などなど、納得されてから、楽器のご用意がよいと思います。




ご親戚等で、お譲り頂いての場合は、その旨を先生の伝えることを(見学時に)


忘れないで下さいねビックリマーク




楽器を購入が条件である教室も多いです。


それも、これを買いなさい!とショック!




ですので、よく話をきいて、ご自分に利のある買い物になるかを、第六感で


判断されるとよいですね~




家は、一応、懇意にしてます楽器店がございます。


とても良心的で、物もよくって嬉しいお値段です




ですが、最終的には購入者(購入家庭の大蔵省)のご判断にお任せしてます。


納得いかない物を購入したら、皆さん結局飽きたり、頑張れなかったり、うっかりすると、買った分は


元取らなきゃ!ってそれだけでvn弾くことになったりしてしまうので・・・




あの、アー●ザン、ハ●シュタット、ステン●ーなどは、とてもじゃないですが、楽器として認められないくらい、


Vnの形をしてただけですので、購入対象からは外してください、


その楽器でレッスンにいらした方がいますが、基本の押さえが、目安の部分を押さえても、


弦ごとに場所がちがう・・・調弦しても直ぐ狂って意味なし!ドクロと言う事実がございましたので。。。


では、今回はこの辺で~






March 30, 2007
新学期に向けてVnを始める方へ

今、Vnを始めようとされている方。




お子さんの場合


身長と腕の長さで、年齢に関係なくVnのサイズが決まります。


一般的な目安の身長でVnを選んでしまうと、非常に大変なことが起きる可能性があります


ですので、楽器を用意されてから、Vn教室を選ぶというよりも、


まず、Vn教室探しを優先してから、先生と話をしたり、楽器店の教室を選ぶ場合は、


よく楽器の説明等を聞いて、納得して購入することが大切です。


一番大事なのは、必ず、Vnのフィティングをさせてもらう事です。


サイズをきちんと合わせないと、お稽古(レッスンや自宅練習)が難しくなります




Vnは、直ぐに弾けるようになりません


まず、構えの練習。弓のもち方、使い方のトレーニング、そして1本の線を1本の音で鳴らす・・・


普通に思われているよりも、スタートすることが大変な楽器です。




慣れてしまえば、何で苦労してたかわからなくなってしまうのですが・・・


慣れるまでが、一筋縄ではいきませんので、体に合った物をチョイスすることが重要です。




そして、始める方の体にジャストフィットのVnサイズでなく、


少し小さめをチョイスすることをお勧めします。


構えるということがかなり、初期の段階では苦痛を伴うようです。(生徒さんたちを見ていて。。)


お子さんの場合は、直ぐに体の成長で楽器を体に合った物にかえていかねばなりませんが、


先のことばかりよりも、今始める大変さを考慮しましょう


先のことは、続けて行ってから考えることにしましょう。




第一関門がかなり大変な楽器です。


肩と顎で挟んでてこの原理で楽器を構えます。


体が未発達なお子さんには、慣れるまではかなりの負担と考えて差し上げてください。


最初が、少しでも入りやすい様に、少しでも負担を減らして、楽器を弾く!というステップに


少しでも早く進ませてあげれるような、暖かい目、心が必要だと思います





フィッティングをして、納得して楽器を購入!が一番のぞましい事です





大人の方


基本は、身長が150cmを越えましたら、大人のサイズ(フルサイズ、4/4)を選択します


お子さんでも、上記の身長を越えましたらフルサイズ




ここで、安かろう悪かろうを購入しないで下さい。


続けれるか解らないで、とりあえずの楽器を買ってしまっても、練習にならないです。


安いのには訳があって、良心的なきちんとした物を販売されている所は稀です。




楽器専用に使える木材を使用してない。


コピーが甘いので、弦毎で押さえる場所がおかしい・・・


調弦をしても決まらない^^;




Vnは耳で弾く楽器です。


音が直ぐに狂う楽器では、練習にもならないのです。


ですので、大人の方も、フィッティングをしてもらって、楽器を構えるさわりを


体験して、ご自分が頑張れるか!を考えて、Goだったら、将来買い替えを考えて、


まずはスタート出来る楽器を選んでもらって、その中から選んで、購入でも良いですね♪


勿論、買い替えせずに、一生物を購入でもよいですが、ご自分ひとりで決めないことが大事です。


経験者や先生に相談されてから、購入決定がよいと思いますよ




変なのを掴ませられて、練習が、レッスンが苦しい・・・なんてならないように!




既に楽器を持っていて再開される方


教室選んで、見学時にお持ちの楽器も持参しましょう。


体に合っているか! そして、メンテナンスを見てもらい、工房にきちんと修理や調整が必要かを


見極めてもらいましょう。


最悪は、状態があまりに悪かった場合は、買いなおしの可能性もあります。


毛替え、弦の張替えは必要です。それを先生が勧めてくださるかも、


教室選びのポイントになると思いますよ!


教本も持参されて、相談も大事ですね




最初からやり直しの事もありますし、少し戻って再スタートとケースバイケースですね




オークションで需要と供給のバランスが崩れていて、とても怖い時期です。


慌てて、変なものを掴まないように、まずは教室や先生を決めてから、


楽器を選ぶことが大事な時期です。




既に楽器を持ってらっしゃる方は、メンテナンスをきちんとしましょうね!


弓の毛がえ。弦の張替え。忘れると、弾くずらくて辛いことが多いですよ!




また、毛がえや弦張替えの話を書きますね!










2007-03-21 12:16:07
Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。