スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨ですね
おひさしぶりです。

大震災により、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます

湿度管理が大変な時期になりました。
そして、節電対策も必要になりました

それでも、楽器を演奏するにあたって、楽器のコンディションを大切に
しなければならないので、節電時間帯を外して練習する工夫も必要ですね

除湿機(洗濯物を乾かす用のでも)をかけている部屋で練習する。
皆さんがいらっしゃる所で、エアコンがかかっているなら、そこで練習する、
些細なことですが、ご家族にご協力頂いて、節電しつつも練習場を確保していって欲しいと願います


楽器ケース内の除湿対策も改めて、確認して欲しいです。

雨が降ったりしたら、弦が跳ね返っていたり、色々起こりますので、湿度管理は大切にして下さい

ずっと、書かない間にご訪問頂いた方、すみません

今年から、教室の体制を色々と、私一人で→教室生徒さんご家庭みんなで
と、発表会に向けて、改革していまして、
一人でやってたほうが楽だったと思うこともありますが、
今年システム化してしまえば、後は軌道に乗るはずですので、
あれやこれやとやっている間に、今年も半年経ってしまいそうです

ピアニストが変わり、酷くナーバスになったり。
引継ぎのピアニストはとっても良い方です
実力も申し分ないのです。

ただ、今までとまったく変わってしまう。
生徒が困惑するだろう。。。
仕方の無い事でも、ピアニストに失礼にならないように、
生徒たちを不安にさせないように。

上手に立ち回れる性格では無いため、大変でしたが

もう、本番まで2ヶ月切りました

幸いにも、生徒さんご家庭が、とても結束をもって動いてくださるようになっていて、
やっと、気持ち的に自分がしなければならない仕事に専念出来るようになりました。

さぁ、あと2ヶ月弱
新体制での発表会にGOです

どうか、この新体制での発表会にむけて、出演者、並びに出演ご家庭、
皆さんが全力で発表会に臨んで欲しいと願うばかりです

合奏もやっと力を入れれるようになって、
個人の発表会らしくなって来ました。

今回が無事に終える事が出来たら、生徒さん自身が、やりきった!という達成感を持って、
また、次回の発表会出演に希望を持って、歩んでいきやすいのだろうと思いますが。


今までよりも、事務的なことはなくなりましたが、それでも、仕事は増えた気がします。
一つ一つこなしていくのに精一杯ですが、きっと私自身も、無事に終えれたら
今まで頑張ってきて良かったと、ほっとするのかも知れませんね

発表会、出演する側も、送り出す側も、本当にいろんな意味で楽しみでもあり、
自分との闘いでもあるので、向き合って乗り切って欲しいと願います

後、2ヶ月しかない!という危機感の無い方
今まで数ヶ月既に練習している発表会曲の出来がどうなのか。
注意に対して、向き合ってちゃんと練習しているのか
毎週同じ事を数ヶ月言われている事にそろそろ気付いて欲しい方も居ます

それぞれに事情もあり、生活もありますが、発表会は
お客さんに聞いていただく場
だからこそ、だって出来ないんだもんでなく、聞いてくださる方が一人でも
会場に居てくださるのなら、その方に精一杯の心を届ける、今の全力の音楽性や技術で
ステージに立つ事をして欲しいですが

価値観だの、温度差だの色々言われる事も多く
「じゅあ、なんの為に私を選んでる?なんの為にステージに立つの?」
そろそろ、言いたいですね。

私自身は非常に喧嘩っぱやい人間なので、仕事上ではかなり我慢を溜め込んでます(汗
ただ、今年ピアニストに、「今回限りで」といわれてしまっては、本当に困るのです

探せば居るのかも知れませんが、基本的に私と音楽の考え方や、向かい方が、
理解出来る方とでないと、成り立たないんですよね

わかって貰えない事に、悩んでる今日この頃ですが、
全ての生徒さんに発表会曲練習をスタートしますので、
今年は、最初っから発表会モードで話しをしていく必要があるだろうなと感じてます

これも、今年だけになると良いのですが。

趣味でも、ステージに立つということ、お客様(聞いてくださる方、たとえ身内でも)が
いらっしゃるということを、真摯に受け止めて、発表会に向けて歩んで欲しいです

梅雨で体調崩しやすい
人も楽器も
私もダウンして、レッスン出来ない日があり、本当に申し訳ないことをしましたが


体調に気を配って、人も楽器も、健やかに過ごしたい、梅雨ですね

さぁ、新たな気持ちで、音楽ライフに向き合ってくださる方が増えるのを願って、
私は指導、生徒さんは練習、生徒さんご家庭は、練習する方への心遣い、
助け合っていけると良いと思います

読みに来てくださった方へにも、願いを込めて



 
装具のお話 (肩故障)
ちっとも、拍手コメントを見ておらず(汗
もう2年以上の前の「ちょっと光? 」の記事に頂いた
拍手コメントのお返事を、記載します

私が見つけて頂いた装具は、肩の習慣性脱臼の患者さんに使用するものです

P.O.SHOULDER SUPPORT LA
〈肩関節用サポーター〉
用途:肩関節の外転動作制限

と箱に記載されています。
医療用ですので、一般に購入できるものでは無いと思います

近いものは

ZAMST ショルダーラップ

一番固定の軽いものですが、稼動域もあまり制約が無いのですが、
肩の安定感、肩から身体を動かす変な癖はばっちりと制限されるので
体の使い方の修正もしてくれます
夏場のエアコンでの、関節の冷え(気付かないでひやしてしまっている)、冬場の芯から冷えてしまう
そういった、保温保護もしてくれます

これ以上の固定は、装具をつけたままでは、Vnは弾きづらいです。

医療用の装具を試す前に、他社の肩サポーターは色々試しました。
ZAMSTにお手を出すか考えていた時に、医療用のに出会い、購入してしようしたので、
自分が使っているものに、一番近いもの!ということで紹介します

一応、試着できるショップ(家のそばの)で試着して、かなり近い物であることを確認してます

もっと固定力が強い物が欲しい方は、整形の先生に相談されると良いと思いますが、
簡単に装具申請をして貰えない可能性は高いです。
肩専門医でないと、知らない可能性があるのと、Vn弾くために装具を…ってあんまりしてくれないのでは?

私は、職業であること。痛くても何でも弾きたい。
現状はかなり難しい。
安静の装具では、対症療法であっても、使いたい時には
負担は軽減されない。なんとか、動の中でも、フォローして
私の弾きたいを、助けてやれないだろうか?と
数年、痛い、動かない。でも、弾くんだ!という。我儘な患者のQOLに答えて下さった
主治医の先生の頑張りです。

習慣性脱臼用だから、出し難い。とは話されてましたが。
元々が、習慣性脱臼患者で、手術を重ねて来た事で、なんとか
悪いながらも、緩いながらも、習慣性脱臼に戻らずに済んでいる状態です

医師が装具を必要と判断したら、抱えてない症例でも、仮の病名で、処方できるようには
して下さるケースはありますが、それも、先生次第です
私は、なんとか楽に現状改善を考えてくださる主治医に出会いましたので、
裏技的なことで、試行錯誤しながら、医療用の装具を処方して頂いて、色々試して来ました
私は私で、アドバイス頂いた、スポーツ用(医療現場から生まれた)のサポーターを色々試して、
主治医と相談しながら、と2人3脚で来て、TOPで紹介した、装具に出会い、今はそれがBESTです

BESTでも、現在は、必要性に応じてスポーツ用のサポーターを重ねて使用時もあります
医療用装具の重ね使用で、安静固定をさらに強化したり。
色々です。


肩の故障も、故障状況でも装具は変わったりしますので、
あくまで、補助です。
その補助も、人それぞれで、合う合わないはあることも、頭に入れて、試そう!と
なったら、試してください。決して安いものではないのです。

9000円は、肩のサポーターはします(ZAMST)
合えば、なんて安い買い物なんだろう!ですが、思った効果を得れなければ、
ものすごい高い買い物ですよね(汗

紹介はしてますが、購入される方に合います!と責任は持てないですので、
その辺はご理解下さい

医師ですら、あなたに合うかわからない、安いものではないから、慎重に考えて!と
装具業者に発注をかけての装具処方時は、話されます

私は、藁をもつかむ気持ちでしたので、迷いもせず、その場で、お願いしてしまいました
私のことを考えて、見つけてくださった、試してみるしかわからないんだから、
試してみよう!と簡単に考えられてしまったので、
主治医が、どうする?と訊かれるのが不思議でしたが、
自分が、紹介する立場になって、なるほど。。。責任取れって言われても取れないよね(汗
とわかりましたが

肩関節周囲炎(40肩50肩も含む)にもこのZAMSTのサポーターは、使用すると
楽だと聞きました
(サポーターで補助できないかなぁ、なんかお勧めない?と訊かれて私がお勧めした方の使用感です)

お役にたてれば、幸いです

以前にも書いたと思うのですが
実話も交えて、弓の扱いについて書きます


レッスンの準備をして、小さい生徒が、松脂をせっせと丁寧に塗ってました
生徒:「わ~」
私:どうした?
生徒:「弓が~」半泣き
私:なにがどうなったって?と言いながら近寄りました

弓のヘッドの一番弱い、力がよくかかる部分で パッキリ 折れてました
直せる部分ではないので、家の空いているいる弓を、新しい弓が届くまで貸し出しで
レッスンをして、帰りました

私がどうして折れたかを検証
松脂を塗っていた時
弓を縦にして、弓先部分を丹念に
弓を持つ手は、反利き手でフロッグ付近をぎゅーっと握り締めて
利き手で松脂を弓に押し付け、弓もとのネジと弓先の向きが、
少しねじれて反っていた

弓の力がかかる向きに問題があると私は思いました

たかだか、松脂を塗る行為!と思われると思いますが
弓を使う向きで、松脂を塗ってください

正しい向きであれば、少々力をかけすぎても、耐えれるように出来てます
負担大の向きであったら、軽い力でも、折れてしまうのです

乱暴にしても、耐えれる向きだったから、折れずに済むこともあれば、
耐えれない無理のある向きであったら、大した力でなくても簡単に折れてしまうのです

「こんな簡単に折れてしまうものですか?」と生徒母

力の向きで、簡単に折れてしまう
休ませている間にケースの中で、折れてしまうことだってある
新しい、古い、安い、高い、全ての弓にいえる事
と、伝え
普段の弾き方や扱い方で、負担がかかっていれば、大事に扱っているつもりでも
やはり、折れてしまうのだと付け加えました


師事されている先生に、弓の向き、扱い等
注意がされる時は、時間をかけても、直すことをお勧めします

大事にしていても、壊れてしまう時は壊れてしまいます
ただ、壊れてしまう過程もあるのです
壊れる過程、要因はわかる時とわからない時はもちろんあります

購入後1~2年位で折れると、品質?と思われる方も多い様ですが
先ず、人を疑う前に、ご自分の扱いはどうだったか?を
振り返ってみて欲しいと思います
(安かろう悪かろうの物を選んでいれば弓そのものが弓の強度が無いこともありますが
ここでは、その話は除外です)

私は、松脂の塗り方について、弓を使う向きで塗りなさい!と指導してます
それをしなかった時点で、NGです
子供の力は、やさしく扱っているように見えても、私が松脂を塗る圧力から
考えると、はるかに強く力がかかっています
扱いなれていない、老若男女も力がかかりすぎていると見ていて思います

楽器、弓=相棒 が居なければ、演奏出来ません
壊れ物であることを、思い出して、改めて大事に、正しく
付き合っていって欲しいと願います

1~2年に1回は、弓が折れる、楽器を割る…そんな事故を教室内で見ます
一般的によくおきる事故例のみしか、遭遇しないですが

楽器を壊してしまって、扱いを学んでいくこともありますが、
出来れば、直せないほど壊す前に、扱い方を学んで、楽しんで欲しいと思います

どんなグレードの弓でも、扱い方を間違えば、壊れてしまうのです

弾き方が悪いと、簡単に弓がS字にゆがんだりするのも、
ご本人さんがS字にゆがませてしまっているだけです
ゆがみやすい弓もありますが、それを選んで使っている!ということも忘れず
向き合って欲しいと思います

私だって、弓のポテンシャル考えずに、自分のメインのような使い方をしたら
折ってしまった…ということをしてしまいました(過去に
それは、私自身の不注意でおきたこと
弓が悪い?なんて事はあり得ないのです
その時の使用者の問題 ということを 認識して欲しいと思います

形あるものは壊れる、だから、扱い方をきちんと学び、きちんとできるように!
他人(ショップ)のせいにする前に、ご自分を振り返ってください

生徒さんへ
私が試奏してお渡しした楽器は、万一があっても、生徒さんがわの問題です
ガンガン力もかけて、弓や楽器の様子を確認してます
容赦なく、生まれたての楽器であるのに、鳴りなさい!とされてますので
そこで、不具合が出れば、ショップに私がかけあいます
いままで、1度もなかったですが







Copyright © ヴァイオリン(Vn). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。